大阪人にしかわからないこと

今日もやぎさんとこで面白そうなものを教えてもらいました。ご当地の踏み絵というのがそれで、各地のローカルネタにどれだけ反応できるかを見るテスト。ちゃんと47都道府県ぶんあって、しかも濃いのがすごい。マジでご当地出身でないとさっぱりわからないネタばっかり。俺様は大阪出身、とはいえ奈良よりの大阪なんでちょっと心配ですが、行ってみましょう大阪人チェック。ここからはバリバリ大阪弁で。





●  世界中のどこに行っても大阪弁を通す。
相手によります。けど、どこに行ってもたいてい一人は大阪弁がおるんで、イエスかな。

●  近所に贔屓のお好み焼き屋が3軒以上ある。
おしい、2軒。高校の近くの1軒を含めると3軒。

● おかんがスパッツを愛用している。
うちは共働きやったんで、スパッツはなかったです。

● FM802のステッカーを車に貼っている、あるいは貼っていた過去がある。
いや、車持ってないし。たぶん持ってても貼らんでしょう。けどよく貼ってあるな、アレ。

● 「おもろないヤツ」といわれることが、最大の屈辱だ。
これはバリバリイエス。たぶん2,3日立ち直れなくなります。

● モロゾフカップが使わないのに家にある。
あった!モロゾフカップあった!プリン買うてきたときのカップをおかんが洗って置いとくねんね。うちはそれでジュースとか飲んでた。

● エスカレーターで左に立っている奴を見ると、こいつよそ者やと思う。
もちろん。下宿してからも京都とかで左に立つと、めっちゃ違和感があります。大阪では、左は歩く人のためにあけておくのが当たり前。お姉ちゃん二人がお喋りに夢中で右に寄るのを忘れてて、左にいたほうだけが流されていく光景をときどき見かけます。

● ビートルズのハード・デイズ・ナイトを聴くと『突然ガバチョ』を思い出す。
いや、それいつの時代の話ですか。

● 「スジャータ、スジャータ、白い広がりスジャータ。スジャータが9時をお知らせします」。時報CMといえばスジャータである。
俺様は「三時です。宇治茶です。」のほうが記憶に残ってます。たしか奈良テレビでやってたんかな…?

● 市道7号・豊中亀岡線の中央環状~牧落間のことを「ロマンチック街道」と呼ぶのは恥だと思っている。
うわ、恥ずい!こんな名前がついてることさえ知りませんでした。「ロマンチック街道」て、いかにも「突っ込んでください」って感じの名前ですな。

● のこぎりを見ると、ヒザにはさんで、刃をしならせながら、金属などの固いもので、たたいてみないと気が済まない。
「おーまーえーはーあーほーか」てね。周りが大阪人なら間違いなくやりますね。そうじゃなかったら一人でこっそり(笑)。先に誰かにやられると悔しいですね。

● 「あーちゃん」といえば、故笑福亭松鶴の、「たかこ姫」といえば、笑福亭仁鶴のそれぞれ嫁だということを知っている。
これはマニアックやわ。知ってるけど。

● お好み焼きをおかずにご飯を食べるのは当たり前だと思っている。
当たり前です。

● 論理的な説明が下手で「どばー」などの擬態語が入りまくる。
いや、俺様は論理的ですよ。

● 街で芸人に会うと気軽に声をかける。
さすがに声はかけません。でも呼び捨てはします。

● 新聞などで「米朝対談」という見出しを見て、桂米朝師匠の対談だと勘違いしたことがある。
…素であります。みんなやんの、コレ?ネタじゃなくて?

● 深夜CMといえば「雁亭」と「ホテル新東洋」と「味園」と「グランシャトー」と「うめだの洞」と「ハナテン中古車センター」だ。
「味園」と「グランシャトー」と「ハナテン中古車センター」はヒット。他は記憶にありません。世代によるんかな?

● ひらかたパークを「ひらパー」と言うのは、菊人形より恥ずかしい。
ああ、思い出すなあ、CMで初めて「ひらパー」が出てきたときのこと。学校で流行ってました。確かに恥ずかしいけど、「菊人形より」て、どういう基準やねん。

● 「2ちゃんねる」とは、某巨大掲示板ではなく、NHK総合テレビのことを指す。
その通りです。下宿のテレビもそう設定してます。

● 電話をかけるときに「あのぉ~、もしもしぃぃぃ~~~」と藤山寛美の物まねをしたことがある。
それは、ない。たしか俺様が小学生くらいのときに亡くならはった記憶が…。

● アメリカ村で、馬おじさんの演説を聞いたことがある。
アメ村行ったことないです。日本橋の人やったんで。

● かつらの『フォンテーヌ』の文字を見ると「ふぉんて~ぬ♪」と節をつけてしまう。
これもないなあ。このCMは見たことない気がする。

● ドラマで街金やヤクザが出てくると、いつも大阪弁なのが腹が立つ。
「ミナミの帝王」と「じゃりん子チエ」以外の街金・ヤクザは大阪弁ではないです。ので、腹は立ちません。

● その発音がヘタだとさらにむかつく。
なんか実際迫力出すために大阪弁真似するらしいんで、ある意味リアル?設定で「大阪人」ってことになってなければ大丈夫。

● 人の話を聞いてるフリをしながら、常に自分のしゃべるネタを考えている。
いや、ちゃんと話は聞いてますよ?自分のネタも考えてるけど。大阪人は両方同時にできるんです(笑)。

● 何事にもオーバーに話をする。
多少面白く脚色くらいはするなあ…。

● 「バーン」と銃で撃つマネをされると「ううっ」っとやられたリアクションで返すのは礼儀だ。
当然です。

● いまだにUSJとUFJを言い間違える。
いや、おばちゃんじゃないからそれはない。けどおばちゃんは間違えはるね、何故か。

● いつでも会えそうなタージンだが、まだ街で見たことがない。
タージン、会ったことないですね。イベントで見たことはあるけど。大阪出るとタージン通用せえへんのがカルチャーショックレベル1くらい(当社比)。

● マルビルの電光掲示板が無くなったのが寂しい。
梅田行く(しかも地上)機会あんまりないんでアレですが、たまに見たときに動いてないのはたしかにちょっと寂しいかも。

● グループの中で大阪人が自分だけだと分かると、笑いに関してはプレッシャーを感じる。
不用意にボケると突っ込んでもらえないとかいう点ではプレッシャー?

● かしまし娘とちゃっきり娘とフラワーショーのメンバーの名前を全部言える。
かしまし娘が限界。古いって!

● おかんは、毎朝、MBSの「ありがとう浜村淳です」と「ごめんやす馬場章夫です」を聞くヘビーリスナーだ。
うちの朝はテレビの2チャン(NHK総合)でした。

● 大阪出身だというと必ず「家にたこ焼き器があるの?」と聞かれることにうんざりしているが、実は家のどこかに眠っている。
眠ってます。一回使った。大阪では普通あるもんなんですけどね。

● 国道176号は「いなろく」、国道171号は「いないち」と呼ぶ。
呼びます。でもよく使うのは163(いちろくさん…普通か)。

● ダジャレを言いそうになって飲み込んだ事がある。
あります。これは絶対さぶい!とか言うときね。さぶがられたら終わりやからね。

● パルナスは全国展開の会社だったと信じてやまない。
だから古いって!

● 日曜夕方といえば「笑点」より「ヤングOH!OH!」だった。
物心ついたときにはもう終わってました。せやからうちは「笑点」。

● 百貨店で値切ろうとした事がある。
いや、さすがにないです。

● 「13」「14」という連番の数字を見ると、つい「1314OBC、ラジオ大阪OBC」と口ずさみそうになる。
なります。心の中では口ずさんでます。

● 昼ご飯は「きつねうどんと白飯」でもOK。
むしろそれがスタンダード。晩飯でもOK。

● 松前屋は「えびすめ」より「とこわか」のほうが好きだ。
ぬう、これはまったくわかりません。

● ボケた後、頭をしばかれても腹が立たない、というよりしばかれるのを望んでいる。
そのくらいやってくれてもいいよ、って感じは確かにあるなあ。

● 「ノックは無用」の魅惑の変身の谷まさるを谷しげるだと思っていたことがある。
「ノックは無用」もたいがい古いし…。

● 大阪をスタイリッシュに撮った映画「ブラックレイン」は、うれしいけど、どこかこそばい。
そんな映画あったんですか!?こそばいんですか!?それは見てみたい。

● 阪神百貨店の地下で立ち食いしたことがある。
当然。つーか普通やりますやん。

● 「ノックは無用」と「ノンストップゲーム」は立て続けに見ていた。
古いねん!もうやってなかってん!

● 「淡路」といえば、淡路島ではなく、阪急京都線の上新庄の手前の駅だ。
うちは京橋から京阪の方が近かったんで…。

● 朝は「おはよう朝日です」に、とりあえずチャンネルを合わすが、いまだに真剣に見たことはない。
うちの朝は2チャンでした。

● キダ・タローがズラではないかという話は飽きた。
正しくは(?)「ヅラ」ね。今もヅラネタやってはるんかな?

● 番組名を繰り返すだけのテーマ曲を聞くと「キダタローの作曲?」と思ってしまう。
しー!言うたらあかん!というのがこういう質問に対する正しい答えです。

● なので、キダ・タロー作曲の近鉄バッファローズの応援歌は、初めて聴いた瞬間からすぐに歌えた。
近鉄の応援歌って、あんまり聞く機会ないんですよね。六甲おろしは誰でもしってんのに。

● しかしながら、近鉄バファローズの最近の英語交じりの応援歌には合点がいかない。
これも一回か二回聞いた気がするけど、たしかに微妙やなあ。とか言うてるうちに近鉄なくなったけど(笑)

● カメラのナニワの社長の似顔絵は、大久保玲だと信じていた。
いや、似てるけど!というのがこういう質問に対する正しい答えです。

● 佐々木美絵を見ると「アップダウンクイズ」の出題を思い出す。
アップダウンクイズも古い!記憶の片隅にはある気がするけど、そこまでは覚えてない。

● おかんの乗ってるママチャリには、雨傘や日傘を差す “さすべー” が付いている。
うちのおかん、チャリ乗らんとすぐ車使ってたんで、ついてなかったです。けど「つけよかなー」とは言うてました。

● 巨人ファンだと口外できない。
あん?大阪に巨人ファンなんかおるわけないやんけ!

● 尼崎市は大阪だと思っている。
感覚的には確かに大阪。東西線つながってるしね。

● 阿部野橋駅の「べ」の字が「倍」でないのは大きな疑問である。
そんな細かいことは気にしません。

● スーパーで、オバちゃんに順番をさりげなく抜かされた事がある。
あります。さりげなく抜かしたこともあります(笑)。

● ヨドバシカメラは値引きをしないので説明を聞いて商品を見て、買うのはミドリデンキか日本橋である。
ハイ、その通り。ヨドバシで大きい買い物をする人は金持ちです。

● 1~10まで数えるのには音程が必要だ。
そうなんですよ。数えようとすると絶対音程つきます。

● アルプス一万尺を聞くとカメラのキタムラを思い出す。
もちろん。ヨドバシのテーマ曲も「大阪地下鉄恵比寿町~」が先に出てきます。

● ケンタッキーのカーネルおじさん人形を見ると、胴上げしたくなる。
それは阪神優勝したからでしょー!でもどんな重さか確かめてみたくはなる(笑)。

● 「ABCDE~す」正しい読み方を知っている。
そらもう。「えーびーしーでーす」と読みます。

● 笑点は何がおかしいのか分からない。
いやいや、面白いですよ、笑点。

● 今でも南海淡路ラインのことを『大阪湾フェリー』と言ってしまう。
言いますね。だって大阪南港フェリー乗り場やし。

● なんばウォークのことを今でもたまに「虹のまち」といってしまう。
なんばウォークはなんばウォークです。

● 同様に、ホワイティ梅田を、今でもつい「ウメチカ」 と呼んでしまう。
ウメチカはウメチカです。

● 遵法精神というものがない。
ばれへんかったらええんですよ。

● 「マイ大阪」の歌が歌える。
それは無理…。つーかそれはいつどこで歌うんですか

● いかついオッサンでも「飴」のことは「あめちゃん」とチャン付けして言うのはけっこう可愛いと思う。
誰でも言いますね、「あめちゃん」。言われてみると可愛いかも。けどそれが普通やから…

● 鶴橋駅が焼肉臭い事を大阪人以外に言われるまで気付かなかった。
これは言われたことないんですけど、焼肉臭いんですかね。

● ボケられたら突っ込むことが礼儀だと思っている。
一度酔っ払いに延々突っ込み続けて疲れ果てたことがあります。だって突っ込んでくれへんかったら悲しいやないですか!そこは突っ込んどかんと!

● 会社の面接で慣れない標準語でかみまくったことがある。
俺様は相手によって使い分けられるので大丈夫です。面接まだやったことないけど。

● 「とれとれピチピチ~♪」とふられると、自然に「カニ料理~♪」と続けてしまう。
そらもちろん。聖闘士星矢のオープニングが流れてくると「セイントセイヤー!」って叫んでまうのと同じ理屈ですよ。

● 家の自転車に「さしたまま傘を立てる棒」がついている。
前にも同じネタが…。

● ひったくりに遭ったことがある。
● ひったくりをしたことがある。
いやいやそれマズイから!大阪はひったくりナンバー1らしいですが、俺様は今んとこ遭遇したことないです。

● ムービングウォークでは歩くのが常識だ。
常識です。

● ロート製薬といえば、鳩のオープニングが頭に浮かぶ。
え、アレも大阪ローカル!?ちょっとビックリ。クイズダービーやったかな。

● 梅田で小腹が空いたら、阪神の地下へ直行する。
俺様は腹が減っても気にしません(それはそれでどないやねん)。

● たよしの看板を見るとつい「♪た~んた~んた~ぁよし」と歌ってしまう。
やったことがあるような、ないような…。

● 関東の人に「儲かりまっか?」と大阪弁もどきで話しかけられると、仕方なく「ボチボチでんなぁ~」と合わせるが非常に疲れる。
これはやられたことはないですけど、やられたらたぶん同様やと思います。

● よく"さかいし"と、"たかいし"を聞き間違える。
「さかいし」は「堺市」として、「たかいし」は何なんでしょう?「高いし」やったら聞き間違えへんやろし、「高石」とか、「他界し」とか?…間違えへんきがするなあ。

● 京橋グランシャトーのCMソングを歌える。
「グランシャトーが、おまっせ」てね。そういや誰か京一のテリー知ってる人おらんかな…。

● ♪腹減った~めぇしくわせ~♪と、お茶碗をお箸で叩きながら歌ったことがある。
ありますー!これは今でも下手するとついやってまいます。

● 知りあいが大阪に来たら、とりあえずくいだおれ太郎と対面させる。
これはノー。でもとりあえずグリコは見せるかも。

● 松屋町といえば「にんぎょとゆいのぉ」だ。
それ以外ないやん(うわ)。ちなみに松屋街は「まっちゃまち」です。

● 気が付くと松茸を「マッタケ」、すき焼きを「スッキャキ」、洗濯機を「センタッキ」、手伝いを「テッタイ」などと発音している。
これはあるなあ。「手伝って」は「テットォテ」になるし。

● 携帯に不在着信があっても、かかってくるまで待つ。
確かにその通りやけど、これって大阪人の特性なん?

● 「食いだおれ」と「かに道楽」と「千日堂」は行ったことがない。
言われてみれば行ったことない。

● 赤信号はむしろ「注意して渡れ」だ。
事故らんかったらええんですよ。

● 安くていい買い物をしたときは「これ、なんぼやったと思う?」と、値段を自慢する。
俺様はあんまり金に糸目をつけへんタチなんで…。あーでも「これめっちゃ安かってん!」とかは言うか。

● 「ツジチョー」といえば「料理天国」だ。
これも知らんなあ。やっぱり世代か…。

● 坂田という苗字だけで『アホ』とあだ名を付けられた、または付けたことがある。
そんなベタなあだ名にはしませんが、真っ先にあがる候補は「アホ」ですね。大阪では「アホ」ってほめ言葉みたいなもんやし。

● ウォークマン・携帯を学校もしくは会社で充電したことがある。
常套手段です。

● 吉本新喜劇のギャグを10個以上言える。
確かめてみたら、楽勝でした。

● 横山剣を見ると、なぜか横山プリンを思い出す。
● 横山プリンを思い出すとキャッシーの行方が気になる。
● キャッシーの話題になるとなんでか佐良直美の話になる。
古いから!めっちゃ古いから!

● 天王寺周辺で子猫サイズのドブネズミを見た事がある。
天王寺周辺はあんまり行ったことないです。日本橋どまり。

● 真の大阪人は、大阪近鉄バファローズ&セレッソファンだと思う。
確かにそうかも知れへん。でも近鉄なくなってもた…。

● お正月は駅伝より漫才だ。
漫才見んかったら年が明けません。

● 夢路いとし・喜味こいしを「いとこい師匠」と呼ぶ。
他の呼び方は聞いたことないです。

● 映画・岸和田少年愚連隊シリーズのどれか1つは見た。ついでにロケ地も一発で分かる。
確か見たことはあると思うけど、ロケ地はわからんと思います。

● 羽川英樹と田渕岩夫の見分けがつかない。
いや、それは見分けろ。つーかまたマニアックなとこ持ってきたなー。

● 金龍ラーメンは立って食べる。
金龍ラーメン行ったことないな…。ラーメン自体あんまり食べへんし。

● アップダウンクイズの司会者といえば小池清である。
アップダウンクイズは無理やねんって!

● 漫才のナンバーワンはやすきよではなく、初代Wヤングやと思う。
いや、それはやすきよやと思います…。

● 家のどこかに大阪万博グッズがある。
メダルありました。

● 公益社提供「お悔やみ申し上げます」は、日本一暗いテレビ番組だったと思う。
これも見たことないです。

● 大和川以南では、同じ大阪府なのに、大阪市内のことを『大阪』と言い、そのことが全然不思議に感じない。
ローカルすぎやろ!別にあのへんは大阪ちゃうからええんちゃう?

● 伴大吾と谷しげるが吉本興業をやめた理由を知っている。
これも古いから…。

● 泉の広場上がったところといえば、皮膚科歯科もある、はぎや整形だ。
ああ、ネタは知ってるけど。でもあの辺はよく行ってた(コミック専門店があるんですわ)からそうでもない。

● 1327店というヒグチ薬局の目標は中途半端だなぁと思ったことがある。
またえらいマニアックなとこを…。ええ、あるんですよヒグチ薬局。目標1327店。

● 千房で、ぬかるみ焼きをオーダーしたことがある。
千房(お好み焼き屋)は宣伝はよく見るけど、行ったことはない。

● タレント議員には必ず投票する。
いや、さすがにそれはないです。ちょっとしたくなるけど。

● ホームレスを見ると親しみを感じる。
うーん、気にはならへんけど、親しみを感じるまでは行かんかなー。

● 東京人に『マックどこですか?』と尋ねられて、日本橋の電気街のマッキントッシュPCコーナーを案内したことがある。
そんなやつおれへんやろ。けど「マック」で真っ先に思い浮かぶのはマッキントッシュ。

●「エーちゃん」といえば、矢沢永吉ではなく、中村鋭一だ。
中村鋭一は知らん…。そんな有名人?

● 関西芸人が東京で成功すると、持っていき場のない寂しさにおそわれる。
というより可哀想になりますね。「ああ、あんな突っ込みおらんとこでしゃべらされてる」て。

● 「19」といえば、某人気フォークデュオではなくテレビ大阪のチャンネルである。
いや、確かにテレビ大阪は19チャンやけど!デュオは「じゅーく」でテレビ大阪は「じゅうきゅう」ですやん!

● 電車の中で知らないオバちゃんに親しげに話かけられたことがある。
あります。ミカンくれた。

● 野球の解説は福本豊が一番好き。
面白いね福本豊。けど江夏も好き。

● 新婚さんいらっしゃいの初代司会者が月亭可朝だということを知っている。
私は三枝師匠時代しか知りません…。

● "大津"とは、滋賀県大津市ではなく大阪府泉大津市のことだと思っている。
いや、今はもう滋賀県民ですから…。

● 秋の風物詩といえば御堂筋の銀杏を拾うオバちゃんだ。
うーん、御堂筋にはあんまり行かん…。けどニュースでやってるし、確かに秋の風物詩?

● 「夜はクネクネ」「なにわ友あれ」のロケを見に行ったことがある。
これはないなあ。「らくごのご」の公開録画は行った。

● ♪~雨が降ってもサンサンサ~ンのキャバレーSUNの前にいつも立っているオバちゃんが気になる。
それは知らん

● 一度は吉本興業に入ろうかと思ったことがある。
うーん、あったかも知れへん…。

● 関西以外の県人が大阪弁を真似ても、全然らしく聞こえないところに少し優越感を覚える。
確かに訂正するのは優越感かも。しかし不思議とあれは全然違う発音になりますね。

● キタ・ミナミは方角ではなく地名である。
カタカナで書くと地名。どこからどこまでかは知らんけど。

● 割り下を使うすき焼きは認めない。
うちのすき焼きはフライパンで出てきました。すき焼きは焼くもんです。

● 551という数字を見ると、豚まんかアイスキャンデーを連想する。
こないだうちのサイトで551踏んで、思わずトゥナイト思い出しました(笑)。

● 食べ放題は味わうよりモトを取ることが大切。
食べ放題は食事やなくて勝負です。

● マルビルの電光掲示板といえば、「たいむ6」のオープニングが頭に浮かぶ。
「たいむ6」も知らんなあ。マルビルが出るということはニュース番組か?

● アヒルの飼育数が日本一と言う事を知ってる府民は少ない。
知らんかった!どこで飼ってんのそれ。

● JR阪和線と南海電車、上手く使い分けることができる。
難波より南にはほとんど行ったことないんで…。

● 今だから言えるが、実は横山ノックに投票した。
当時投票権ありませんでした。

● 堺以北の人は、ガラ悪く思っている『**するけ』は泉州では普通の言葉である。
俺様はガラ悪いとは思ってませんよ。高校でちょくちょくおったし。

● おつり300円を受け取るとき「はい、お釣り300万円~」と言われたことがある。
あります。普通に商店街でおっちゃんに。そのおっちゃんはちゃんと女の人は誰でも「お嬢ちゃん」と呼んでました。ちなみにその商店街では阪神の選手別応援歌が流れてました。

うわ、なっがー。しかもこれホンマにローカル。
[PR]
by kabehouse | 2005-01-28 17:51
<< やっぱ本屋はいいッ! 今週のサンデー >>