日本髪型規格 antennae

ハサミscissors等と並んでトリッキーな英単語の一つ、触角antenna。何で複数形がantennaeなのかで悩んだ記憶をお持ちの方も多いのではないでしょうか。これ、辞書によるとantennasでもいいみたいです。じゃあこのeは一体何なんでしょう。今週はそんな英語の豆知識とは何の関係もなく、髪型における触角の役割を考えていきます。

触角、またはアンテナと呼ばれるのは、「ジャぱん」の東や「あお高」の虎鉄に見られる、ぴょーんと二本飛び出した毛です。特に今週は出番の多い虎鉄の触角に注目していただきたいのですが、これがあるだけで何とも言えない色気がでるのです。中にはピクピク動いたり電波を感じ取ったりと、まさに触角やアンテナのような役目を果たすこともあります。

これと同様な目的で使われるものにアホ毛がありますが、どちらも大元はポニーテールから来ており、「KATSU」の茶紀(今週出番ないけど)のように前でくくる髪型がより細くオシャレになったものと解釈できます。要するにくくってるワケでもないのになぜか頭の前方からポニーテールが出ているのがアホ毛、生え際から二本出ているのが触角というわけです。よく耳の横から二本出ていることがあり、これもアホ毛と呼ばれますが、触角に分類した方が良いかもしれません。また、良く似たものに「ガッシュ」のキャンチョメや「コナン」の毛利小五郎、「結界師」の雪村時子(ばばあ。今週出番ないけど)の生え際にあるくるっと回る毛や、「ケンイチ」の美羽のように片方だけ太いのが出てる毛がありますが、これらに関しては定説はないようです。「コナン」の六田さんの場合は触角に入れていいでしょう。

キャラに特徴と色気を与え、アップにしても帽子をかぶっても自然に主張できるのが利点の触角。今週の一コマは「あお高」より172ページ1コマ目、「このスットコどっこい~」。ガタイ、目と眉毛、後ろの毛そして触角と、虎鉄の魅力が凝縮された一コマです。

以下感想。




・ガッシュ
トビラのキャンチョメ×5、ポーズがイカしてます。そしてブザライとフォルゴレ大活躍がウレシイ。キャンチョメコンビネーションも演技が細かくて楽しいですね。とくに今まで怖がってた奴がいきなり飛び込むところがスバラシイ。それにしても心の成長に伴い体もどんどん強くなっていく魔物の子がすごくいいなあ。

・兄
やばい、面白くなってきた。なんかここまで密度が濃いとパワーに負けてしまいます。相変わらずチュンチュン言ってるし、先生ネコ大好きだし。カズヨさんデカすぎだし。反射鏡のとき生徒多すぎだし。何よりこの兄、タイミングがおかしすぎるけど言ってることは正しいから笑える。反射鏡とか、実際中学一年で習うし。あと今週テルキヨくんの髪型がザクロと同じであることに気づきました。何かの陰謀か…?

・結界師
敵サイド、ノリが軽いのが逆にエグイ。それにしてもこの人皮、やっぱりついてるんでしょうか。ついてなくても支障はないと思うけど、ついてても不思議はないなあ。

・あお高
虎鉄カッケー!虎鉄サイコー!「うるせーコノヤロー」とかね。前まで三振でギタギタとか言ってたくせに、もう打たせてとるピッチングしてるキタローもすがすがしい。ここから少し、無駄に用語解説。
「差し込まれる」…振り遅れること。バットがボールに当たるタイミングが遅いと当たる角度が浅くなるため、虎鉄のような右打者の場合打球がライト方向に飛ぶことになります(1塁側がライト、3塁側がレフト)。飛距離も縮むのでホームランは出にくくなり、「しかもライトに…」というセリフが出ることになります。左打者の場合は左右が逆。
「5・4・3」…守備のポジションを数字で表す場合があります。投手(ピッチャー)が1、捕手(キャッチャー)が2、1塁手(ファースト)が3、2塁手(セカンド)が4、3塁手(サード)が5、遊撃手(2塁と3塁の間、ショート)が6(ここまで内野、以下外野)、左翼手(レフト)が7、中間手(センター)が8、右翼手(ライト)が9。高校野球の場合、基本的にこの数字がそのまま背番号になるため、宝田のように10番以降の背番号をつけている選手は補欠ということになります(宝田の場合は実質エースだと思いますが)。これを利用するとキタローが打ち取った背番号4の選手のポジションはセカンドであることがわかります。
「ゲッツー」…ダブルプレー。1回の打球で2つのアウトを取ること。3つのアウトをとるトリプルプレーもあります。ダブルプレーがとりやすい(というかほぼとれる)内野手の正面にボールが飛ぶと「ゲッツーコース」と言います。よく上の数字を利用して「5・4・3のダブルプレー」とか「4・6・3」、「6・4・3」という呼び方をします。

・いでじゅう
やっぱ林田面白すぎだ。この顔の変わりようがイイ。手をあげかかって気づかれて思わずUFOやっちゃうところとか。モモリも「おべんきょうがんばろうね!」って、うますぎ。ラストもメチャクチャいいなあ。

・クロザクロ
ザクロ、メチャクチャ格好いいじゃないか!鳥肌立ちましたよ。待たされた甲斐もあったというものです。

・KATSU最終回
何の前触れもなかったのでびっくりしましたが、「みんなまとめて受け取ってやらァ!」で終わってくれて良かったです。

・東遊記
ピドリミさんえろーい。服だけ溶かす酸ってエロい目的以外に使い道ないよなあ。原理も不明だけど。ほんでジャランダーラ、若っ!

・ミノル小林
ネコが、やばい。展開は読めているのにそれでも笑ってしまう。とりあえず教室では帽子脱がないとダメ。

・D-LIVE!!
定番のブレーキ工作来たー!エンジン換装後ぶっつけ本番でトップとのタイム差はスタート時点で1分30秒、その上にブレーキトラブル。よだれが出ますねえ。
[PR]
by kabehouse | 2005-02-18 14:35 | 少年サンデー
<< お名前は大事なのよ これぞ漫画の職人芸 いでじゅう... >>