過去を思うな 敵は前にあり

連載も長くなってくると、サブキャラを掘り下げて裏設定を語ったりする場が往々にして設けられるわけですが、こういうエピソードはかなり気をつけて挿入しなければなりません。主人公とあんまり関係のない回想シーンをだらだらと続けると、作品のストーリーとかテーマとかがぼやける恐れがあるからです。加えて、「語る」という側面が強くなりすぎると、押しつけがましくなったりもしかねません。

で、サブキャラ掘り下げエピソードの定番パターンその1、因縁の対決。今週の「ケンイチ」や「D-LIVE!!」にあたります。このとき最も大事な点は、掘り下げるサブキャラと主人公との役割分担です。「ケンイチ」であれば逆鬼VSクリストファーという人外の戦いに、ケンイチをどうからめるか。「戦え!梁山泊」の時はなかなかにカッコイイ役回りを任されていましたが、同じ展開にはしないと思うので、楽しみな点です。「D-LIVE!!」の場合は百舌鳥さんとの因縁だけではなく斑鳩にとっては親の敵になっているので、相当斑鳩の活躍が期待できます。この展開なら百舌鳥さんがヒロインを演じることもありえますね。似合わないけど。

定番パターンその2は昔語り。「結界師」や「我聞」です。この場合はなんといっても簡潔に終わらせること。そうしないと関係ない人たちが置いていかれてしまい、どうしてもだれます。「我聞」の場合、登場キャラを辻、凪、我聞、親父と絞り込むことでストーリーを簡潔にしています。さらに我聞を活躍させているのが技ありという感じですね。で、扱いに困るのが「結界師」。昔語りが語る主体なしに始まってしまうという異例の展開。そしてどうやらそのまま終わった模様です。このエピソードをどのように考えるべきか、ちょっと次号を予想してみます。

1.良守から始まる→少なくともしばらくの間は、良守にはこのエピソードが語られないことが予想されます。限にしろ翡葉にしろ、そう簡単に喋らせる気はないからこういう形をとった。あるいはクライマックスで喋らせることを想定して、その伏線。
2.限から始まる→以降限視点でストーリーが進むことが考えられます。この場合限の独り語りという形でこのエピソードを始めることも可能ですが、こういう形にしたほうが限のキャラクターを活かせると考えたか、ストーリーがだれないように省略したか。
3.正守から始まる→正守と裏会の戦いが本格的に始まると予想できます。戦う理由を強固にするために、このエピソードが必要だった。
4.2年前(前編)とかが始まる→それは嫌だなぁ。

いずれにせよ、こういった形でこのエピソードを入れたということは、良守たちは知らないということになるでしょう。良守が限の過去を知ろうとするが、誰も喋らない、とか。まあ実際は次号を待たないとわからないんですが、裏のエピソードを語りつつ緊迫感を失わないという点では成功しているといえるでしょう。

このような裏エピソードは、とかく長い、タルい、どうでもいい、という感想をもたれがちです。いかにして本筋との接点をもたせるか、また簡潔に終わらせるか、が重要なのです。

では以下感想。



・クロスゲーム
いつもどおりのあだち節で始まりました。途中でタイムスリップがあるのか否かが非常に気になるところです。あと長女はどうやって主人公に絡むんだ?とりあえずあだち充は子供を描くのが抜群に上手いので、それだけで満足できそうだったりします。

・ガッシュ
そこであえて心臓殴るのを邪魔しまくってほしかったところ。くすぐるとか(笑)。まあそんなんで止まられても困りますけどね。そしてエロザルがついに立ちました。次号戦闘になるのか、その場合エロザルは役に立つのか!?

・ケンイチ
クリストファーが、クリストファーが…すげえ美形になっちまったぁー!!それにしても、あの胴着で電車に乗せられる兼一はたまったもんじゃないと思います。

・うえき+
ナガラさんの突っ込み直前に入る静寂の一コマが実に効いてます。「小細工がダメなら大細工」というのはかなり斬新な発想ではないかと。

・ハヤテ
うわー笑えねー…。なんでこいつらこんなにネガティブなんだ!?このままの調子でやられたら、俺様はサンデー買うのをやめなきゃならなくなってしまいます。まあ次号であっさり復活しそうな気配はあるんで、そのへんに期待。

・道士郎
い、今までのは全部、健介殿のところへ行くの中に含まれてるんですか!?すげえ、すげえよお前。今週は神野の逃げっぷりとか、あいた口がふさがらないエリタンとか、良い表情多数。なかでも今週の一コマは、329ページ2コマ目、「オウ、聞いてよ!!」のジャンピングさざやん。ポーズといい表情といい一等賞。

・結界師
夜行メンバーが恐ろしく楽しげなんですが。とくにヒゲのおっさん(愛の前掛けがスゲェ)と、天井から生えてる田中一郎さん。

・あお高
マサハルトビラ来たー!本棚にある大量のノートが恐ろしいですな。コイツの場合株も野球のトレーニングとしてやってそうだ(笑)。で、キタローのシンカーに加えてなにやら打撃陣も秘密特訓をしていたようですが…。ボールにキズとかではないでしょう。もったいなくてできなさそう(笑)。しかしやっぱりキタローですよ!普通なら勝手に投げ込みやるところで、堂々とマサハルを巻き込みに行く!これ!この信頼関係!バカが揃うと強いです。

・我聞
なんかこの、鼻と口のない國生さんとかなえさんがレミングスに見えてしょうがないんですが。とくにかなえさんはなんともいいがたい魅力がありますな。

・D-LIVE!!
火浦剛斉、凶悪すぎです。なんでこんなやつが出所できたんだ?というか運転以外に能のない斑鳩が、一体どうやってこいつとやりあうというのか…?珍しく前置きだけで一話使っていることもあり、かなりヘヴィなミッションになりそうです。
[PR]
by kabehouse | 2005-04-28 15:19 | 少年サンデー
<< たった三つのシンプルな答え 電車男 1 >>