目に来る

いつものように今週のサンデー感想は二、三日読み込んでから書くんですが、今週は我慢できないのでちょっとした話題を。

漫画を読んでいて『スゲエ!』と感動することはよくあるんですが、俺様の場合同じ『スゲエ』でも、涙が出そうになる場合、鼻血が出そうになる場合、よだれが出そうになる場合の3パターンがあります。感動すると腹の底から何かが背骨を駆け上がってくるんですが、その何かが目から抜けると涙が、鼻から抜けると鼻血が、口から抜けるとよだれが出そうになるんですね。

これはその日の調子とかに左右されるものではないようです。例えば同じ号のサンデーを読んでいても、「からくり」や「クロスゲーム」なんかは涙が出る率が高く、「あお高」の場合圧倒的によだれが出ます。おそらく微妙に違う感情が生じることで、感動が走り抜ける場所が変わってくるんだと思われます。

今週のサンデーでは特に「あお高」と「からくり」に感動させられたんですが、いつも口に来る「あお高」が今週は目に来たため、「からくり」で追い討ちをかけられた涙腺が限界に来てました。

どれが良くてどれが悪いってわけではないんですが、漫画によって目に来たり鼻に来たり口に来たりするあたり、漫画ってのは本当にいいものです。とかいいつつ、そういや最近鼻血が出そうな漫画は読んでないなぁ、なんつって。
[PR]
by kabehouse | 2005-12-14 19:10
<< 「こわしや我聞」総括 前編 サンデー1号 >>