「ユンソナ」を「コンソメ」と読んだF君

今週のサンデーは久々に読者投稿にやられてしまいました。何だか奇跡のような一行がそこにありました。今後サンデー読者は皆ユンソナを見るたびにコンソメを思い出してしまうのでしょう。

「雑誌の格は読者ページでわかる」というのが俺様の前々からの持論です。どんなジャンルの雑誌でも、読者ページを見ればどんな読者がいるのかがわかるわけですから、それを見て自分に合うものを選べば間違いはないのです。その論にそえば、週刊少年漫画雑誌で一番面白いのはサンデーだといえます(まあ、俺様に言わせればサンデーとサンデー超以外に少年漫画雑誌と呼べるものはないんですが)。実際、サンデーはギャグ漫画自体は苦手ですが、ストーリー漫画の各所に入るギャグは非常にレベルが高い。これは読者が細かいギャグにきっちり対応できるからです。その意味で、今週鈴木央(絵を見れば一発だと思いますが、ライジング・インパクトの人です)がサンデーに来たのは正解かも知れません。絵がさすがにアレなので人気が出るかどうかわかりませんが、人気が出るとしたらサンデーでしょう。良い機会なので、今週はギャグシーンについて語ることにします。

ギャグシーンには、二種類あります。一つは序盤の数コマとか新章突入前の一話とかを使うアイキャッチ型。もう一つはストーリーが進む裏、コマの片隅とかで展開される背景型。現在のサンデー連載陣で言えば、あだち充、藤田和日郎、雷句誠などがアイキャッチ型で、橋口たかし、松江名俊あたりが背景型になります(このように、作品によってではなく作家によって傾向が分かれるのです)。

アイキャッチ型は性質上ストーリーの進行を遅らせるため、引っ張りすぎると命取りになります。反面どのくらい引っ張るか、どうストーリーと切り替えるかのバリエーションが広く、アクセントとしての効果も大きくなります。「ガッシュ」や「からくり」がスタンダードな用法ですが、「KATSU!」などあだち充ワールドになるともはや名人芸で、切れ目のないギャグとシリアスの波が独特のテンポを作りあげます。今週のサンデーでいえば、せっかくの巻頭カラーをギャグ顔の犬に割いてしまう「結界師」の田辺イエロウはやはりあなどれません。

背景型は進行を阻害しないため入れやすいのですが、難点はやはり見落としやすいということです。今週のサンデーでいえば、「ケンイチ」レベル(ミカン鳥とか新島よけとか気持ち悪いとか)ならまだいいのですが、「こわしや我聞」レベル(「をほほほほ」とか「ちゃ」「ちゃ」とか)になると相当読み込まないとわかりません。「いでじゅう!」(キャメルクラッチ)なんかの専門知識(この場合キン肉マン知識)を要求されるものに対応するのは至難といえます。その最たるものはやはり「改蔵」で、全てのギャグに対応できる奴はいるのか?と心配になるほどです。余談ですが、改蔵の携帯の着信音「パラーラピポ」を見た瞬間悪魔君のオカリナが浮かんで、もう戻れません。真相はどうなんでしょうか。

かくのごとく奥が深いギャグの世界。今注目は「結界師」と「こわしや我聞」です。まだ単行本もそんなに出てなくて集めやすい(サンデーはそんなに連載引っ張らないはずだし)と思うので、興味がおありの方は是非購入ください。もしくは今週のサンデーを。
[PR]
by kabehouse | 2004-06-10 11:02 | 少年サンデー
<< ラクガキ王国とシークエンスパラ... 髪を切る=丸坊主 >>