サンデー30号

か: はいどーもー、壁のかでーす。
べ: べでーす。
か: いやー久々にサンデーを水曜に買ったぜ。
べ: あかんやん!
か: うむ、ここしばらくサンデー読者としては本当にダメダメだった。
べ: 本屋行っても真っ先に文庫コーナーだったもんねぇ。
か: 君も北方謙三の「水滸伝」を読んで少年マンガを卒業しよう!
べ: それは言っちゃダメだろサンデー読者として。
か: 俺様としては一度卒業して、「俺は一度卒業した身だ」という認識の上に読んだ方が、素直に少年マンガを楽しめると思うんだがな。自分が大人であって、少年マンガの登場人物は子供であるという事を常に思い出すためには、大人というものに触れた方がいいと思う。
べ: 『主人公は』子供である、じゃないの?
か: いや、『登場人物は』子供。よくちゃんとした大人が出てくるから云々言うけど、少年マンガに大人なんて一人も出てこないし、出てこなくていい。読者は男が見たいんなら小説を読めばいいし、少年が見たいんなら少年マンガを読めばいい。だから俺様はサンデーを読むわけだ。

べ: んじゃまあ小説の話はここらでおいといてサンデーの話を。
か: 俺様としては「DIVE!!」がイチオシだな。いかにもサンデーっていう地味な漫画だが、トモはどこまでも前向きに行ってくれそうなので好きだ。
べ: おお、主人公を推すなんて珍しい。
か: 何を言っている。あくまで「DIVE!!」を推しただけで、俺様の中ではもう坂井母>ちくわ>未羽>ヒロ>トモの順で固まりつつあるぞ。
べ: トップ母ですか!?
か: 母がなー、顔が幼すぎるのが残念だよなー。この人が描いた30代くらいの大人の美女が見たくてしょうがないんだがなー。描ける気がするんだよなー。なぜか。
べ: さっきと言ってることが正反対だ…。
か: あとちくわは藤子ファンとしては外せないポイントなのだよ。ちくわラブリーすぎる。
べ: そこでちくわつながりを期待するのはどうかと思うよ。

か: あと「クロスゲーム」とか「GOA」とか「可レン」とか、相変わらず地味にスゴイなぁ、という感じなんだが相変わらずなんで言うことがない。
べ: そこを何とかあえて言ってみよう。
か: えー…今週の一コマは456ページ2コマ目、「いや、/あんたの話はどーでもいいし。」みんないい顔してるが意外と表情豊かな朧さんがグーだぜ!
べ: 結局そういう話しかできんのかお前はぁっ!?
か: あ、もちろん今号はキャリーもすごく良いぜ?
べ: そうじゃなくてさぁ…。
か: 「可レン」の場合は地味にすごく可愛いってところが持ち味だと思うのよ。気が付くとなんか萌えてるみたいな。あと地味にスゴイって点では「お茶にごす。」がず抜けてスゴイしな。
べ: 確かに、地味に想像を超えていくよね。
か: しかも相変わらず、だからな。『相変わらず地味に想像を超える漫画』と名づけてみるとなんだかよくわからんがとにかくなんかスゴそうな感じだけはするな。
べ: ひどい感想だなぁ…。相変わらず。
[PR]
by kabehouse | 2007-06-27 22:22 | 少年サンデー
<< 僕の神姫を紹介します でけたー >>