僕の神姫を紹介します

か: はいどーもー、壁のかでーす。
べ: べでーす。
か: 今週はコナミから発売されているアクションフィギュア、武装神姫を紹介しよう。
べ: ついに買っちゃいましたねぇ美少女フィギュア。
か: まあ美少女好きで模型好きでもある以上必然の流れではある。
べ: むしろなんで今に至るまで買わなかったの?
か: 好きなキャラのフィギュアが出ないから。
べ: 出ましたマイノリティの悲しき宿命。
か: あとフィギュアって基本的に面白い物ではないからな。
べ: 確かに基本的には眺めるしか楽しみ方はないけど。
か: 俺様はプラモも飾って楽しむより組むのが楽しい人間だから、組み上げてしばらく飾ったら飽きて捨てるんだよな。その感覚で行くと、よく動くアクションフィギュアでさえも『プラモから組み立てる楽しみを引いたもの』にしかならないわけで。いわんや無可動のフィギュアをや。眺めるだけなら画集で良かろうに、とすぐ思ってしまうんだよなぁ。
べ: そんなあなたに武装神姫。各部に3.3mm軸を用いた共通ジョイントを採用し、簡単に武装を始めとしたパーツの組み替えが楽しめます…と。
か: そういうことだ。この3.3mm軸がHGUCガンプラシリーズのポリキャップに結構はまっちゃったりするし、そもそも3.3mm軸さえつければどんなパーツも装備可能ってことで退役したガンプラが次々と餌食に。
べ: そういうわけで、ウチの神姫がどうなっちゃったかをお見せしていきます~。




a0025830_13354425.jpg


べ: まずは天使型素体アーンヴァルをベースに、脚部装甲とプロペラントを取っ払って背部にMGウィングゼロのウィングバインダーと1:100シルエットガンダムのヴェスバーを装備、手持ち武装はHGFAトールギスIIIのメガキャノン…ってビーム兵器ばっかりだな。
か: アーンヴァルはもともとでかいビームキャノン持ってるから、このくらいいけるんじゃないかと。装甲とプロペラントを削って機動性と火力を強化した短期決戦仕様だな。名づけるならアーンヴァルアサルトカスタムってとこか。
べ: とりあえずメガキャノンに色塗った方がいいんじゃ…。
か: そのうちな。アーンヴァルはさらに火力に特化したフルブラストカスタムとか、遠距離狙撃に振ったスナイパーカスタムなんかを作ってみたいところだねぇ。

a0025830_13361088.jpg


べ: お次は兎型素体ヴァッフェバニーにHGUCギャプランTR-5フライルーの装甲を着せて、手持ち武装は同じくHGUCのヘイズルIIからシールド、ガンキャノン量産型からプルバップマシンガン。
か: ビームキャノン内臓シールドバインダーは本来両方に付くんだが、一部パーツがどっかいったので右だけ。機動力と装甲を高めた、名づけてヴァッフェバニーターボカスタム。
べ: いくらビームキャノン付いてるからって手持ちがマシンガン一丁ってのはどうよ。
か: ヴァッフェバニーの火器管制システムは実弾兵器に最適化されてるからビーム兵器の扱いは苦手という脳内設定による。
べ: それにしたってライフルとかバズーカとかあるでしょうに。
か: でかい武器持たせると肩のユニットが邪魔になるんだよ。
べ: それが真相か!
[PR]
by kabehouse | 2007-07-01 15:53
<< 楽描百鬼夜行:ぬり壁 サンデー30号 >>