漫画ナツ100・第二話「今すぐカートに入れろ!な10作」 (後編)

[ナツ100]【今年もやるぞ】 漫画ナツ100 【地獄の集計】

ナツ100に参加されている方のページを色々回ってみたんですが、木崎ひろすけの名前を全然見かけなくてちょっと自信喪失気味の壁です。本気でスゴイ漫画だと思うんだけどなぁ。
それはともかく今回はマイナーとは言えない奴が多めです。まだまだ序の口。

6. クロノアイズ
長谷川裕一・講談社・全6巻

これまた長谷川裕一にしか描けない時間旅行SF。

なんといってもネタの料理の仕方が上手い。ロマン溢れる科学のエッセンスとエロティシズムを駆使しながら、わかりにくい部分は少しもなく、熱い少年マンガのノリを維持しているあたりはさすがのひと言です。続編の「クロノアイズ グランサー」がさらに面白いのでぜひ併せてどうぞ。

7. 医龍-Team Medical Dragon-
乃木坂太郎(原案:永井明)・小学館・14巻以下続

腐った医療現場で熱い男達・女達が爽やかに戦い続ける漫画。

クセのあるメンバーが集まったバチスタチームに、次から次へとピンチが降りかかる…というか、自らピンチに踏み込むことでようやく命をつないでいるというか。まあとにかく予想外の展開の連続です。

痛快なスーパーヒーロー漫画でありながら、緊迫感の絶えることがない、また、社会派漫画でありながら、ドロドロしたところがなく素直に楽しめる、万人が楽しめるタイプの漫画ではないかと。

個人的には『「キリンジ」の乃木坂太郎』なんですが気にしないでください。

8. BECK
ハロルド作石・講談社・30巻以下続

これ絶対みんな知ってるだろ…と思いつつ、マニアの絶対を信じちゃいけねぇって事でご紹介。主人公・コユキがボーカリストとして驚異の成長を遂げていくバンド漫画です。

これも「医龍」と同じく、次から次へとピンチが降りかかってくる綱渡り感の中で、コユキの格好良さが光りまくる快作。コユキに焦点を絞っているわりには展開がちょっと遅いかなぁとも思わなくはありませんが。

これまた万人向けの漫画ですので、夏休みにどかっと揃えてイッキ読みなんてどうでしょう。

9. GUNSMITH CATS
園田健一・講談社・全4巻(新装版)

ヘイみんな、女の子が銃持って戦う漫画と言えば何だ?「GUNSLINGER GIRL」?「BLACK RAGOON」?オーケイ、確かにそいつは名作だ。だが「GUNSMITH CATS」を忘れちゃいけねぇ!

……そういう漫画です。嘘です。もっとスマートでカッコイイです。まあ明るく楽しくエグくて大らか、ひっくるめてアメリカンな感じは合ってるかと思いますが。美少女二人組が銃とドラッグの街シカゴで大暴れする漫画と思って頂いて良いかと。

個人的に敵キャラや脇役が魅力的な点が大好きです。

10. モジャ公
藤子・F・不二雄・小学館・全2巻(文庫版)

やはり信者としてベストテンに藤子不二雄を入れておきたかったんですが、これがまた見事にサンデーばっかりで、色々と探した結果、うってつけのがいました。「モジャ公」。藤子・F・不二雄の最高傑作に挙げる人も少なくない作品です。

設定としては「21エモン」に近い、少年とロボットと宇宙生物が宇宙を旅する物語ですが、これがまたSF独特のリアルさというか無慈悲さというか日常性というかえぐみというか、そういうもので上手く味付けされていて、それがあのファンシーな藤子絵と相まって、えもいわれぬ美味。

やはり藤子Fという人は、どこか人とは違う考えを持っていた人で、そこが手塚治虫のあらゆる人を惹きつける漫画とは違う、下手をすると拒絶されるかもしれないほど強い個性を持った漫画となって現れたのではないかと思っています。そういったアクの部分をもっと多くの方に知って頂きたいなぁと個人的には思っています。ドラえもんは優しいだけじゃない。
[PR]
by kabehouse | 2007-08-08 00:49 | 漫画ナツ100
<< 漫画ナツ100・第三話「そろそ... 漫画ナツ100・第一話「今すぐ... >>