漫画ナツ100・番外編「夏こそ萌えろ!美少女トップ10」

[ナツ100]【今年もやるぞ】 漫画ナツ100 【地獄の集計】

ついにオーラス、番外編です。本来なら好きなキャラクター10人を選ぶという話なのですが、そんなの無理です。1番好きなキャラなら選べても、2番目3番目となると、それぞれ違う良さがあるので選べません。なのでここは俺様らしく美少女10人選ぶことにしました。少年だと10人には絶対絞りきれないし。そういうわけですので、1位は紛れもなく1番好きなキャラですが、2位以下はほとんど差はないと考えてください。

誰もわからないラインナップになるのを防ぐため、エロ漫画抜き、名前がわかるキャラ限定としています。それでは10位から行ってみましょう。

10位 月島若葉(あだち充「クロスゲーム」より)
お嬢様成分が入った機動型妻キャラ。なんだかあだち充に力でねじ伏せられた感はありますが、「こんな女の子が素晴らしい!!」という意気込みをここまで強烈に感じさせられてしまうと、素直に納得せざるを得ません。

9位 太刀花さえ(まつもと剛志「まじかるストロベリィ」より)
火力型妹キャラ。火力型ならではの重い攻めを持ちながら、高いいじられ性能を特徴とする逸材。初登場時には鼻血噴きました。それまでいちこのおでこにメロメロだった俺様を後頭部に目覚めさせたキャラでもあります。

8位 能井(林田球「ドロヘドロ」より)
機動寄りバランス型妹キャラ。高い火力と装甲を併せ持つ心の能力を能井が安定して引き出すコンビネーションはもはや芸術の域。能井かわいいよ能井。

7位 瀧鈴音(村田雄介(原作:稲垣理一郎)「アイシールド21」より)
装甲型友達キャラ。やや機動性に欠けるものの、王道展開による武装の結果、スポーツ漫画のヒロインにしては火力も結構なもの。神龍寺戦直前の一コマは白眉です。

6位 風間晶(藤原芳秀(原作:松田隆智)「拳児」より)
バランス型お姫様キャラ。機動力、火力、装甲全てにおいて高性能ですが、典型的サンデーヒロインであるため出番が少ないのが難点。個人的に元祖サンデーヒロインだったり、リアル寄りの絵柄への耐性をくれた美少女として思い入れが強かったりします。

5位 千葉千秋(田中モトユキ「最強!都立あおい坂高校野球部」より)
火力型友達キャラ。ガンガン攻めていける基本性能の高さが魅力。その攻めキャラっぷりとサンデーヒロイン路線が織りなす不安定さもまた楽し。

4位 青島優子(河合克敏「モンキーターン」より)
機動型妹キャラ。機動型のくせに並以上に一撃が重いので油断すると一気に沈められます。ペンギンメットは卑怯だと思う。

3位 倉田咲耶(乃木坂太郎「キリンジ」より)
機動型幼馴染みキャラをベースにお姫様成分や妹成分をうまく混ぜ合わせたキャラ。手数がさらに増えたため、固め性能は目を見張るものがあります。火力は低いけど実は装甲もそこそこあるという、実に俺様好みの構成。

2位 室田雅(皆川亮二「D-LIVE!!」より)
鉄壁の防御を誇る装甲型お姫様キャラ。でありながら機動性、火力も凶悪で弱点が見あたりません。強いて言うなら登場話数の少ないゲストキャラだということか。

1位 大鎌の鎌足(和月伸宏「るろうに剣心」より)
強いて言うなら装甲型友達キャラ(視点をどこに持ってくるかによって変わる)ということになりますが、こいつはもう性能云々は関係なし。何と言っても俺様を「バーコードファイター」の呪縛から解き放ち、新たな世界を見せてくれたキャラですから。こやつの生き様が俺様に、男か女かなんて小さいことだと教えてくれたのです。そこに愛があるのなら、それがどんな形であってもいい。その生き様を俺様は美少女として認め、敬愛して止まないのであります。

最後そんなのでいいのかよと思われたかもしれませんが、いいんです。愛ってのは月日によって育まれるものであって、そこに理由なんていらないし、理解される必要なんてないのです。皆さんにも一度じっくり自分の好みについて考えて欲しいなあと俺様は切に願っているのでありますよ。楽しいですから。
[PR]
by kabehouse | 2007-08-24 21:03 | 漫画ナツ100
<< 漫画ナツ100 結果発表 サンデー38号~いぬみみがやっ... >>