ギャルゲーめった切りの巻(後編)

か: はいどーもー、壁のかでーす。
べ: べでーす。今日はギャルゲー語り尽くし企画の後編をお送りします。
か: 前回以上に濃いうえ、今回は固有名詞続出なので覚悟してくれ。聞いたことのない名前がほとんどだと思うが、ググるなりコメントで聞くなりするように。
べ: で、前回はアドベンチャーゲーム(以下ADV)とノベルゲームについて語ったから、今回はそれ以外について語るんだよね。
か: うむ。だがその前にギャルゲーを定義し直さなければならない。前回はギャルゲーを「ADVもしくはビジュアルノベル」と定義してたからな。
べ: それじゃあ他のゲームは語りようがないから、定義を広げなきゃならないのか。
か: そういうことだ。ゲームにおける美少女の扱われ方を大雑把に分類すると、「美少女と仲良くなるのが目的」「ゲームクリアのご褒美として美少女が出てくる」「特に役割はなく、単なるキャラクターとして美少女が出てくる」の3種類になる。このうちどこまでをギャルゲーとみなすのか、という観点で今回は定義しよう。
べ: 人によって違うんだろうけど、真ん中のご褒美で出てくるってのが微妙な感じ?
か: そうだな。今回は多めにゲームを紹介したいと思うので、ご褒美型まで含めよう。
べ: あくまで紹介のしやすさを重視してますので、異論があってもひとまず飲み込んでください。
か: あと本文中で例に挙げるゲームは、なるべく代表作と呼べるような有名どころを挙げるようにするが、それでも俺様の趣味が入るのはやむを得ないのでよろしく。




・シミュレーションゲーム その1
か: 「ときめきメモリアル」(コナミ・全年齢)が有名なシミュレーションゲーム(以下SLG)だが、最近ああいうバリバリの恋愛SLGは見ないな。どちらかというと育成SLGや経営SLGの方が多い。
べ: ADVに取って代わられた感じ?
か: うむ。恋愛SLGというと、実質プレイヤーキャラクター(プレイヤーの分身。以下PC)を育てる育成SLGパートと、美少女と仲良くなるADVパートをくっつけたようなものが多かったからな。PC育てるより女の子育てる方が楽しいから育成SLGにしよう、という方向に行くのは当然のことで。一杯女の子を出そう、となると経営SLGになっていくわけだな。
べ: 基本システムは全部パラメータ上げだから一緒なのか。
か: この系統のSLGは実はギャルゲーと非常に相性がいい。パラメータ上げのみでは育てた後に何もできないので達成感が薄いが、ギャルゲーだと育てた後は女の子といちゃつく、という目標ができるので楽しめる。そういう意味で代表的なギャルゲーと言えるな。
べ: ADVを抜いた場合は、ね。
か: ただ、育成SLGには致命的な弱点が一つある。
べ: 弱点?
か: 女の子を育てるとなった場合、どうしてもPCと対等な関係ではやりにくい。だが、対等な関係でないと恋愛関係が受け入れづらくなり、ギャルゲーとして非常に苦しくなる。女の子が「ギャル」じゃなくて「ガール」、美少女じゃなくてただの少女になってしまうわけだな。
べ: 生徒とか養女とかアイドルとか、抵抗があるよね。
か: 本来の意味で育成SLGかつギャルゲーというと、調教系のエロゲーで…
べ: そこまででいいです。
か: あと育成SLG+経営SLG+ボードゲームという趣の「エターナルメロディ」(メディアワークス・全年齢)も成功例として挙げておこう。落とし神なら当然PS版SS版両方プロフィール全部埋めて好きなマスで止まれて若葉・楊雲・メイヤーで全スゴロクイベント一位通過だよな。
べ: そういうやった人にしかわからない話題はどうよ。
か: 経営SLGだと古くは「Piaキャロットへようこそ!」(F&C・18禁)、最近では「巣作りドラゴン」(ソフトハウスキャラ・18禁)あたりが高い評価を得てるな。落とし神なら当然レベル99の白ヘビ様を15匹…。
べ: 延々そのネタやる気か!?

・シミュレーションゲーム その2
か: 続いては戦術シミュレーションゲーム(以下TSLG)及び戦略シミュレーションゲーム(以下SSLG)だ。
べ: その二つは何が違うの?
か: 最近混同している人が多いから、後で取り上げるシミュレーションRPGと合わせて解説しておくか。まず、戦場に送り込まれたところからゲームが始まるのがTSLG。TはタクティカルのTな。対してSSLGは戦場に出る前の段階、どれだけの戦力を生産して、どこにどれだけ送り込むか、というところまでシミュレートする。Sはストラテジックの略だ。シミュレーションRPGの場合、基本的にはTSLGにレベルアップの要素を加えてシナリオを重視した、タクティカルシミュレーションロールプレイングゲーム(以下TSRPG)で、ストラテジックシミュレーションロールプレイングゲームというものは俺様の知る限りない。戦略をプレイヤーが決める場合、例えレベルアップの要素があっても、シナリオが安定しないためにSLGに分類されるからだ。TSLGがTSRPGと異なる点としては、ユニット(駒)のレベルが(ほとんど)上がらないこと、固有ユニット(ゲーム中に一人しかいないユニット)が(ほとんど)存在せず、汎用ユニットだけで戦うこと、マップ上でユニットの生産が可能であること、等がある。
べ: TSLGやSSLGとギャルゲーとの相性はどうなの?
か: 良いとは言えない。どうしても勝つことが美少女に優先してしまうし、戦術・戦略のシステムにおいて美少女を絡めるのは結構大変だ。やるとしたら、ユニット生産のために美少女を孕まs…。
べ: ハイそこまで。
か: TSLGとしては「ガジェット・トライアル」(工画堂スタジオ・全年齢)、SSLGとしては「鬼畜王ランス」(アリスソフト・18禁)なんかがあるな。ランスは純粋なSSLGとは違うが。

・シミュレーションロールプレイングゲーム
べ: ついでにTSRPGも行ってしまおうか。
か: 意外とエロゲー業界では一ジャンルを確立してる感があるのがTSRPGなんだが、前述のように勝つことが美少女に優先してしまうという難点はある。ただ、シナリオと固有ユニットの連れまわしがある分TSLGよりは相性がいいな。
べ: ということは、TSRPGよりロールプレイングゲーム(以下RPG)の方が相性がいいってこと?
か: そこは一長一短だな。ステージクリア型のTSRPGの方がイベントを挟みやすいが、戦闘が長い。
べ: その割にはRPGは少ないよね?
か: その理由は後で考えよう。TSRPGでは結構な量のギャルゲーが出てるんだが、前にも名前が出た工画堂スタジオとアリスソフトが双璧を張ってる感じだな。特に工画堂スタジオは極めて貴重な全年齢向けPC用ギャルゲーメーカーだ。
べ: まあ全年齢向けPC用ゲームメーカー自体が少ないしね。
か: 女の子といちゃつけるゲームがいのがギャルゲーメーカーとしてはアレなんだが、な。

・ロールプレイングゲーム
か: さっきも言ったように、好きなキャラを連れまわせるRPGとギャルゲーの相性は悪くない。問題はイベントをどこで挟むかが難しいことと、敵を一杯用意しなけりゃならないということだな。TSRPGなら、同じ敵が一杯出てきてもそれほど気にならないんだが。
べ: それでエロRPGは少ないのか。
か: エロ、というかPCソフトに関しては、RPGがマウスでの操作にあんまり向いてないというのも大きいと思う。
べ: あー、確かにRPGはパッドの方がやりやすいねー。
か: そういうわけで、RPGは家庭用で多く出ている。「ブルーブレイカー」(ヒューネックス・全年齢)が名作として名高いな。落とし神なら当然攻略本なしで全ヒロインクリアだよな!
べ: またそれか!っていうかハードル低いな。
か: それだけ難易度が高いってことだ。

・アクションゲーム・シューティングゲーム
か: こいつらはギャルゲーとの相性はかなり悪いからまとめて行くぞ。
べ: まあ、キャラ1人しか操作できないしね…。
か: おまけにキャラクターグラフィックを余り大きくできないし、動かさにゃならんしな。せいぜいステージクリアでご褒美画像が出るくらいが関の山だ。「ヴァリアブル・ジオ」(戯画・ところにより18禁)とか「エナメルパニック!!」(F&C・18禁)とかが一応あるけど。
べ: 「エナメルパニック!!」の名前は出していいのか…?一応代表作と言えるようなのを出すんだよね?
か: だって他は同人ゲーとかしかないし…。ある意味代表作だしな。どうせ売ってるわけないんだし、いいだろう。たぶん。

・テーブルゲーム他
か: テーブルゲームやパズルゲームには、脱衣麻雀をはじめご褒美型のギャルゲーが多い。「スーパーリアル麻雀PⅤ」(セタ・ところによりR指定)は特に人気作で、いまだにアーケードで見かけるな。イカサマ有りだと…
べ: ストップ。脱衣麻雀でそんなに語らなくていいから。
か: 語らせてくれよ~。唯一俺様が人に自慢できるのが脱衣麻雀なんだからよ~。
べ: そんな需要はありません。
か: ちっ。じゃあ最後に少しクイズゲームの話をしよう。これが意外とギャルゲーとの相性がいいんだよな。メインのゲーム画面でもキャラクターグラフィックを大きく映しておけるし、キャラクター一人ひとりに好きなジャンルを設定する等すればシステムに絡ませられるし。おまけにイベントも挟みやすい。
べ: ADVと同じような画面構成ができるよね。
か: 「QUIZなないろDREAMS 虹色町の奇跡」(カプコン・全年齢)はシナリオの評価が高い人気作だし、「青春クイズ カラフルハイスクール」(ナムコ・全年齢)程良く動くギャルゲーは他にないと言っていい(クイズゲームとしても良問が多く高評価)。落とし神なら当然この辺はワンコインクリアだよな!
べ: クイズゲームのワンコインクリアは酷では…。
か: スコアアタックと言わないだけマシだ。

・結論
べ: で、ギャルゲーを語り尽くした結論としては。
か: ナムコはL4Uとか出してるヒマがあったらさっさとカラフルハイスクールを移植しろ。
べ: 何の結論にもなってないよ!
か: ADVを除けば、PCではTSRPGが、家庭用ではRPGが定番となる、という流れは変わらないだろう。家庭用で恋愛RPGの名作がそろそろまた出てきて欲しいところだな。あとはやっぱり育成・経営SLGにもうちょっと頑張って欲しいねぇ。やり尽くしたってわけでもないだろうし。どうもSLGというと中途半端なやつが多いんだよな。
べ: 中途半端なSLGよりは、ってことでみんなADVとかノベルゲームとかに行くんだろうね。
か: あとテーブルゲームやクイズゲームはもうきついんだろうな。主戦場がアーケードだから。
べ: 通信対戦にギャルゲーの居場所はなさそうだしね…。
か: だからさっさとカラフルハイスクールを移植しろ。
べ: 最終的にそれか!
[PR]
by kabehouse | 2008-04-24 00:45 | ゲーム
<< サンデー21・22合併号~愛し... 近況報告 >>