サンデー24号~対決!ヒロインの座をかけて~

か: はいどーもー、壁のかでーす。
べ: べでーす。
か: 今週は以前紹介した美少女の定量的分類表・改良版から。
a0025830_23321434.gif
べ: 前のと違いがわからないからって確かめなくてもいいですよー。
か: うむ。以前のはろくに説明もしてないから忘れてもらって、今回はこの表の使い方を紹介しつつ、「ハイド&クローサー」の龍美とパクワの位置づけを考えてみようと思う。
べ: それでヒロインの座をかけた対決なのか…。
か: 別に対決はしないけどな。
べ: じゃあタイトルは何!?
か: ノリだ。

か: では早速行ってみよう。まずは同級生の元気娘、龍美からだ!
べ: まず戦うか戦わないかだけど、コレは見方によって変わってくるって話だったよね?
か: そう。日常生活に入り込む呪術を描く物語と見れば、呪術の存在を知っている龍美は「戦う」美少女だ。しかし、この漫画のテーマとしては、春瓶の呪術師としての戦いと成長の方がふさわしい。よって呪術を使えない龍美は「戦わない」美少女となる。
べ: 続いて友達以上か友達未満か、ってところだけど、クラスメートの場合は?
か: 一見してわかりにくい場合は行間を読む必要が出てくるな。友達以上か友達未満かを判断するときは、共有する記憶がどの程度あるか、普段から一緒に行動する頻度はどの程度か、ということが基準になる。これまで描写された龍美と春瓶の関係を見ると、お互いよく知っているわけではないようだし、一緒に行動することも少ないようだ。よって友達未満。
べ: 最後にヒーロー・ヒロイン・ライバルのどれにあたるのか、だけど…。
か: 役割は物語が進むにつれて変わっていくことも多いから注意が必要だ。龍美の場合ヒロイン路線を進むかヒーロー化していくか出番がなくなるか、3種類くらいの道があるが…。
べ: 最後のは考えないようにしようよ……。
か: ……セヤブディ戦でも今回でもかなり役に立っているようだから、ヒーロー化していくと考えた方がよさそうだ。というわけで龍美は「風紀委員」キャラということになる。悪を逃さず恐れず退かず、だけど勝てないポジションだな。
べ: 「委員長」キャラとは違うの?
か: 委員長キャラとは戦えない、近寄りがたいという違いがある。まあ龍美の場合春瓶に度胸がないから近寄れてないだけだが。今後戦う力を手に入れて名実ともに仲間入りすれば、委員長キャラに進化するわけだな。
べ: 進化っていうのかそれは?

か: では後半は呪具屋の小動物、パクワに行ってみよう!
べ: まず戦うか戦わないかだけど…これは微妙じゃない?
か: 微妙だな。全号の神藤の言からすると、本当の意味で戦えるのは呪術人形をもつ呪術師だけだが、パクワも呪具屋をやっているくらいだから呪術が使える可能性は高い。そうなるとまるっきり戦えないわけでもないことになってくる。
べ: じゃあどうするの?
か: ややこしいときは、敵の襲撃を受けたときに一人で放っておいても安心かどうか、という視点で考えよう。無理だな。
べ: 無理だね。
か: この子の場合例え人形持ってても戦えない気がするしな。というわけで「戦わない」。
べ: 次は友達以上か友達未満か。どうみても友達未満です。
か: 考える必要もないな。新キャラだし。
最後はヒーローかヒロインかライバルか…。
か: 今回のエピソードだけを見ればライバルだな。
べ: ライバル?
か: 今回のエピソードの目的は新たな呪術を習得すること。新たな呪術=新たな呪具=呪具屋への信頼という変形を経てあらゆる問題をキャラクターとの対決に象徴させるという少年マンガ構造が成り立っているから、パクワはライバルで間違いない。
べ: そうすると、戦わない友達未満のライバル…「お嬢様」キャラ!?
か: お嬢様キャラの本質は人に理解されない孤独と何度失敗してもめげない愚直さにある。普通は愚直さがわがままとか天真爛漫とかいう描かれ方をするんだがな。パクワの場合、愚直さが薄いからお嬢様っぽくなく、すなわちライバルっぽくない。今後も継続してライバルの役割を演じるとは考えにくいな。
べ: 確かにただの呪具屋で終わるキャラではないよね。
か: 今後の展開は色々考えられるが、ここは父親の設定に注目してみよう。春瓶と同様家族の背中を追うキャラということで、戦う目的を象徴するヒロインとなっていくと考えられる。そうすると今後お姫様→妹となっていく公算が高いな。
べ: 戦う方向には行かないのか。
か: 行かないとは限らないが、龍美と比べてどっちが頼りになるかといえば答えは明らかだろう。
べ: まあ確かに。
か: 後ありえる展開としては、実は今回限りのゲストキャラっていう可能性も…。
べ: その可能性は考えなくていいって!
[PR]
by kabehouse | 2008-05-18 23:33 | 少年サンデー
<< 近況報告 みこつながり >>