ラクガキ王国2が来る!

土日にソフマップザウルス1号館(通称オタロード店)にて行われたメーカー合同秋の新作ゲーム体験会に行って参りました!12時開始ってことだったので11時半頃現地到着。近づくにつれて見えてくるのはネットランナー大抽選会…。これは罠か?騙されたのか俺様!?

とにかくそんなものは無視して乗り込んでいくと、どうやらデモプレイもきっちりやっている模様。三台並んだPS2の真ん中がラクガキ王国2。早速コントローラーを握り、タイトーTシャツのお兄さんの説明を聞き流しつつラクガキ開始。「今回から描いた後で色とか太さとかを変えられるようになったんですよ」おおっ!知ってはいたけどスゴイぞこれは!なんて描きやすさだ!これだけ描きやすいと何か凝ったものを描きたくなるのが性というもの。何を描こうかと思いめぐらせていると、目に入ったのは隣の台でやってた「どろろ」。そうだ!百鬼丸を描こう!二台並んで違うゲームで百鬼丸が活躍するなんて、夢のようじゃありませんか(言いすぎ)。その光景を思い浮かべながらあの複雑な前髪の再現に躍起になる俺様。どうにか納得のいく前髪を作り上げ、着物の表現にこだわり、かなりの時間を費やして、ようやく手足にとりかかりったところで、電源落ちました。隣でどろろやってたお兄さんも、ウイイレ8やってたお兄さんも、みな一様にぽかんとして辺りを見回していましたが、そのとき一番魂が抜けていたのは間違いなく俺様です。丹誠込めて描いた百鬼丸が!あの前髪が!復旧までにそれほど時間はかからなかったものの、データが残っているはずもなく、一気にやる気がなくなってその場は撤退。軽くスパイダーマン2などをやって昼飯に向かいました。スパイダーマン2、ちょっとさわった感じでは面白かったですよ。操作系もすぐ慣れそうな感じだったし。

昼食の間、俺様は考えました。やはり百鬼丸は複雑すぎた。描くのに時間をとりすぎて、肝心の動きを楽しめなくては元も子もないと。そこで再挑戦、今度描くのは漫画史上最も3D化が容易なキャラクター、そう、コロ助だ!藤子キャラならお手のもの、ちゃちゃっと描き上げて動きを確認。うわ、楽しい!動きがいいってこともありますが、なによりアクションゲームになったことにより、自分で操作してる感覚満点!パンチだ、キックだ、オラオラとどめのジャンプ攻撃だ!これはたまらん!買いです!これは買い!ワザエディットやらなんやらさらに面白そうな要素も見つかりますが、そこはあえて購入後にとっておくことにして帰ります。帰り際に見た「ビューティフルジョー2」も面白そうだったんですが、1がクリアできなかった悲しい思い出のある俺様には怖くて触れませんでした。

てなわけで、圧倒的な進化を見せたラクガキ王国2。9月の発売が非常に楽しみであります。
[PR]
by kabehouse | 2004-08-10 12:23 | ゲーム
<< 親父ファイティング 2004年9月現在の壁 >>