カテゴリ:世界樹の迷宮( 6 )

世界樹の迷宮(7)クエストに出かけよう

世界樹の迷宮公式ページ「世界樹の迷宮Blog」

この間まで全く予想していなかったんですが、アイドルマスターにはまってしまって困っております。一週間で二組もアイドル育てちゃってるよ俺様。うーむ。そんなわけでだいぶ間が開いてしまった世界樹の迷宮リプレイ。あの人が登場します。大活躍です。(?)

(注:この文章は壁が考えた非公式の設定にもとづいて書かれています。皆さんのイメージと合わない場合は登場人物の思いこみということにしてください。)

More
[PR]
by kabehouse | 2007-02-22 21:43 | 世界樹の迷宮

世界樹の迷宮(5)またしても蝶

世界樹の迷宮公式ページ「世界樹の迷宮Blog」

「世界樹の迷宮」プレイヤーの方なら『ついにあそこまで来たか』と思われるでしょうか。このリプレイは未プレイの方に向けて書いており、やたら細かく書いてあって進み方が尋常じゃなく遅いので、ひょっとするとこの辺の話はもう記憶の彼方かも知れません。そういった方にはこのリプレイで序盤の苦労を思い出して頂ければと思います。

ところで、前の土日に書きためていたものが今日で尽きてしまいました。メモは第9話のぶんまでとってあるんですが、リプレイに起こすのは今週末になりそうです。今日はサンデーの発売日ですし。
(注:この文章は壁が考えた非公式の設定にもとづいて書かれています。皆さんのイメージと合わない場合は登場人物の思いこみということにしてください。)

More
[PR]
by kabehouse | 2007-01-24 11:09 | 世界樹の迷宮

世界樹の迷宮(4)買い物ブギ

世界樹の迷宮公式ページ「世界樹の迷宮Blog」

今回はタイトル通り、戦闘無しの完全な日常シーンです。これぞRPGの醍醐味ですな。
まあなんともお約束通りの風景が展開されており恥ずかしい限りですが、序盤なんでこれもしょうがないと思ってください。パーティーのバランスがいいと展開も無難になっちゃうんだよねぇ。
(注:この文章は壁が考えた非公式の設定にもとづいて書かれています。皆さんのイメージと合わない場合は登場人物の思いこみということにしてください。)

More
[PR]
by kabehouse | 2007-01-23 10:08 | 世界樹の迷宮

世界樹の迷宮(3)蝶々との死闘

世界樹の迷宮公式ページ「世界樹の迷宮Blog」

そろそろ冒険も本格的になってきます。実際にプレイしながら書いているので、プレイ結果によって微妙にキャラがずれていったりすることもあると思います。その辺もあわせてお楽しみください。
(注:この文章は壁が考えた非公式の設定にもとづいて書かれています。皆さんのイメージと合わない場合は登場人物の思いこみということにしてください。)

More
[PR]
by kabehouse | 2007-01-22 10:07 | 世界樹の迷宮

世界樹の迷宮(2)迷宮初日

世界樹の迷宮公式ページ「世界樹の迷宮Blog」

今日からいよいよスジョーユとチヨミリヨンの冒険が始まります。近年稀に見るシビアでスリリングな冒険をお楽しみください。
(注:この文章は壁が考えた非公式の設定にもとづいて書かれています。皆さんのイメージと合わない場合は登場人物の思いこみということにしてください。)

More
[PR]
by kabehouse | 2007-01-21 10:39 | 世界樹の迷宮

世界樹の迷宮(1)PC紹介

世界樹の迷宮公式ページ「世界樹の迷宮Blog」

どうやら売り切れ続出しているらしいニンテンドーDSソフト「世界樹の迷宮」をDSと一緒に買ってきました。この「世界樹の迷宮」は、ひと言で言ってしまうと「ウィザードリィ」風RPG、となってしまうのですが、これだと「ウィザードリィ」って何よ?という方からは敬遠されそうなのでもう少し詳しく説明します。

「ウィザードリィ」はジャンルとしては3DダンジョンRPGと呼ばれ、壁と通路(あるいは扉、階段など)で構成された、『キャラクターの目から見た』世界を冒険するRPGです。このタイプの最大の特徴は『キャラクターが画面に表示されない』(当然ですね)ことで、これを敬遠するプレイヤーが多かったために、バードビュー、クオータービュー(ドラクエやFFなどの上から見た視点)のRPGに覇権を奪われることとなりました。しかし、古参の、あるいはディープなRPGファンの間には、キャラクターの容姿までプレイヤーの想像に任されている3DダンジョンRPGこそ真のRPGである、という考え方が根強くあります。RPGとはロールをプレイする、すなわち役割を演じるゲームであり、キャラクターの活躍を自分の頭の中で思い描くことこそがRPGの楽しみじゃないか、という考え方です。ゲームがどんどん映画に近づき、世界やキャラクターをいかに『画面上に』再現するかにメーカーが躍起になっている現在、そういったRPGファンが待ち望んでいたものが3DダンジョンRPGの新作、すなわち「世界樹の迷宮」なのです。

このように書くといかにも『マニア向けのコアなRPG』といった印象を持たれるかも知れません。そして事実そのとおりなのかも知れません。でも、俺様はこのゲームを皆さんに遊んで欲しいのです。そして限られた情報から、自分の分身たるPC(プレイヤーPlayerが操作するキャラクターCharacter)を生み出し、その活躍を想像する楽しみを是非味わって欲しいのです。だったら自分でやってみせようじゃないか、ということで、いわゆる『なりきり日記』みたいなものをやってみようと思います。業界用語でいうところのリプレイですね。正直この『なりきり』というのは、引いちゃう方が結構いらっしゃるし、何より恥ずかしいのであんまりやりたくなかったんですが、「愛と恥とどっちが大事だーっ!」(長谷川裕一「機動戦士クロスボーンガンダム スカルハート」より)ということで、RPGへの愛をとります。ちょっとでも『楽しそうだな』と思って頂ければ幸いです(実際ものすごく楽しいです)。

では第一回となる今回は、俺様が作った冒険ギルド「チヨミリヨン」のメンバーをご覧ください。

More
[PR]
by kabehouse | 2007-01-20 15:19 | 世界樹の迷宮