<   2005年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

サンデー30号

今週はスポーツ漫画が熱いです。で、なんか書こうとしてみたわけですが、結局何も出てこず。もう一つ何か足りないのかなぁ。

More
[PR]
by kabehouse | 2005-06-25 13:13 | 少年サンデー

ラクガキ王国2・その後

発売から9ヶ月が過ぎ、値崩れまで起こっているラクガキ王国2ですが、ファンの盛り上がりはいまだに衰えを知りません。ラクガキ王国2天下一武道会は早くも10回を数え、毎回60を越える参加者が集まります。続々新規参入者が出てくるのがスゴイ。大会のレベルも回を追うごとに上がってきて、新しいアイディアが生み出され続けてますから、是非一度ご覧あれ。ラクガキ職人達の作品を見ているだけでもかなり楽しめます。

で、昨日から2ちゃんねるラクガキ王国2スレにて、突発的にドラえもん祭りが始まりました。俺様も藤子Fで育った人間、参加しないわけにはいきません。で、描いたのがコミックス5巻「ドラえもんだらけ」より、8時間後のドラえもん。PS2でコイツが描けて、しかも動かせるというのは、夢のようなゲームだなぁ、と今さら思いまして、こちらでも宣伝します。

動画も一応↓にあります(アドレス欄にコピペして頭にhをつけてください)が、時間が経つと削除されるのでご了承ください。
ttp://hii.s43.xrea.com/joyful/img/631.mpg

本当にこれだけ楽しいゲームが2000円切るっておかしいよ…。何とか次世代機でも新作が出て欲しいんですがねぇ…。

ちなみにドラ祭りの会場は↓です。こちらも時間が経つと流れて消えます。
ttp://f38.aaa.livedoor.jp/~rakugaki/phpjoyful/joyful.php
[PR]
by kabehouse | 2005-06-20 00:46 | ゲーム

サンデー29号

先週、最近トーンダウンしてる、とかそろそろ新連載が欲しい、とか言っていたら、今週はかなりとんでもない展開になってます。でもそこがサンデーのいいところ。今から新連載が楽しみだ…!

More
[PR]
by kabehouse | 2005-06-17 10:07 | 少年サンデー

サンデー28号

GBAの「ザ・タワーSP」を買ったらはまりました。二日で電池が切れるほどに。そのせいも若干ありますが、最近ちょっとサンデーがトーンダウン気味なこともあり、さらっと行きます。

More
[PR]
by kabehouse | 2005-06-09 14:27 | 少年サンデー

来週のサンデー 最強!都立あおい坂高校野球部編

今週はあお高が素晴らしく上手い展開を見せてくれたので、野球ファンの視点から細かく分析、ついでに来週の攻防を予想してみたいと思います。

まずは試合経験の少ないあお高の脆さが露呈するショートとレフトの接触。簡単にレフトの頭上を越えてもレフトフライを落としても2塁打ですが、ショートフライにすることで、外野陣の不安をドラマティックに描きながら、キタローの球は十分強力だということを明確にしています。そして二人目。キタローの球をきっちり正面に返してくる星南打線の強力さと、それを止める右京のポテンシャルの高さ、さらに星南の機動力まで、非常に密度の高い一球です。この1,2番が打球を正面から左方向に持っていったことで、キタロー相手に振り遅れていないことがわかります。とはいえ外野には飛んでいないことから、球威は十分抑えられるだけのものを持っている。つまり、星南の方が一枚上手だが、それ以上の差はないということで、そりゃもうシビれます。

そして自然に作り上げられた、ノーアウト1,3塁というこれ以上ないってくらいのピンチ。2塁が空いているということは、例え次の打者を内野ゴロに仕留めたとしても、3塁走者は走らなければアウトにならない。下手にバックホーム(キャッチャーに返球)すると満塁にしてしまうだけなので、非常に守りにくいのです。しかも次の打者は3番山下。実力未知数の隠し球の初舞台ということで、どう仕留めればいいのか全然予想が付きません。それでもあえて予想してみます。

星南側から次の攻撃を読むと、まずはスクイズ(走者が3塁にいる状態でのバント)が考えられます。先述の通り3塁走者は無理に走る必要がないので、1塁に投げたのを確認してから本塁に向かうことができ、非常に狙いやすい場面です。が、その前、ノーアウト2塁で2番城の場面で氷室監督はバントをさせていませんから、ここは打たせてきそう。外野フライでも一点入りますし、内野が前に出てきてることから間を抜きやすくなっています。その上あお高の場合、外野に飛べばエラーの確率が高い。1年生ながら3番を任される程の打者ですから、監督の信頼も大きいでしょうし、ここはヒッティングで大量得点を狙ってくるのではないでしょうか。

あお高側からすれば、ダブルプレーは狙えません。その間に1点入ってしまいます。ゴロで1塁をアウトにしても、3塁走者の脚によっては十分狙われますから、最高は三振か内野フライです。

というわけで、俺様の予想はレフトフライ、というのが一番面白そう。なぜレフトなのかというと、瀬川君にさっきのエラーによるダメージが残っていそうだからです。とはいえそこで落とすようでは試合が決まってしまうので、恐らくタッチアップ(打球がフライになった場合、走者はボールを捕るまでは走れないが、捕った後なら走ることができ、返球との競争になる)の攻防になるんではないかと。次点として、山下が凶悪だった場合、普通にヒットで1点とられるとか、あるいはフォアボールを選ばれて満塁とかいうことも考えられます。

以下感想です。

More
[PR]
by kabehouse | 2005-06-03 11:33 | 少年サンデー

みんなで祝おうご結婚

ちょっと最近時間なくて、サンデーがきっちり読み込めません。でも今週はもう少し深く読みたい。ので、一日だけお待ちください。明日、きっと何かのテーマで書いてると思います。今日は別の話。

ぶうさんとこの記事で知ったんですが、青山剛昌と高山みなみが結婚したとか。マジで!?あんた近所のスーパーの話題とかしてる場合じゃないべ!

いやーめでたい。このパワーで新一と蘭もサクっとやっちゃってくだされ(笑)。
[PR]
by kabehouse | 2005-06-02 13:16