<   2006年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

サンデー8号

今週も内容が薄いなあ。どうやら俺様とサンデーの共振周期が下の時期に入っている様子。全体にソツがないぶん、ツッコミどころもないんですよね…。悪いことではないんですが。

More
[PR]
by kabehouse | 2006-01-28 23:24 | 少年サンデー

サンデー7号

WHFとか行ってたせいでサンデーの感想書く暇もありませんよ!…自業自得ですねゴメンナサイ。そんなわけで遅れまくったうえに内容薄いですが、とり急ぎ。

More
[PR]
by kabehouse | 2006-01-24 09:55 | 少年サンデー

会ってきました

a0025830_1945465.jpg「第23回次世代ワールドホビーフェア・田中モトユキサイン会」に行ってきました。一昨日まではカケラも行く気はなかったんですが、バスの時間を調べてたら偶然、「ムーンライトながら」だと5時半に会場である幕張メッセに着くことがわかってしまい、『サインのためだけにコレ乗って幕張行ったらかなりアホやな~』なんて考えているうちに、いつのまにか切符を買ってしまっておりました。ネタのためなら何でもやってしまう大阪人の悲しいサガよ。…でもなんで行く気なかったのにバスの時間調べてたんだろう…?

まあそんなわけで、ろくに寝てないわ雪降ってるわ人少ないわで、3時間待ちもものともせずにハイテンションを維持したまま会場に突入。お祭り気分を吸収してハイトップ状態でサイン会を迎えることになりました。そりゃ「好きなキャラサインに入れますよ」って言われて思わず「真木さん」と口走ってしまうのも当然です。…マジなんで真木さんって言ったんだ俺様…。いや、好きだけど。コミックスにもサインしてくださったので、そっちにはちゃんと虎鉄を描いてもらいましたよ。

で、目当てはコレのみだったので、あとはサラッと見て回って何も買わずに帰るつもりだったんですが、TOMYブースであり得ないゾイド4点セットを発見。ブラストルタイガーとジェノザウラーと凱龍輝が入って3000円はお得すぎる!そのでかさを考えてちょっとためらったものの、サインもらって至福気分の俺様が踏みとどまれるわけもなく、予想外の大荷物で帰路につくことに。しかも雪の影響でダイヤも乱れまくり、帰り着いた時には疲労困憊でした。

けどやっぱり祭りで疲れるのは気持ちいいです。ネタも豊富にできたし、無茶した甲斐があったなあと思います。開場待ちの間ニンテンドーDSに興じる少年たちに混じってGBAやってるのは若干寂しいものがありましたが。…ニンテンドーDS欲しい(そっちか)
[PR]
by kabehouse | 2006-01-21 20:05

あす、会いにゆきます

a0025830_18412496.jpg若気の至りとは恐ろしいもので…。
今晩23時19分発「ムーンライトながら」の指定席券を買いました。
詳しくは明日。
[PR]
by kabehouse | 2006-01-20 18:45

ちょっと一服バトン

やぎさんから回ってきました、ちょっと一服バトン。

1.今鞄に入っているお菓子は?
お菓子はほとんど食べません。ごくたまに欲しくなると、さんざん迷ったあげく、大抵明治アーモンドチョコレートに落ち着きます。

2.よく飲む飲み物
まず牛乳とポンジュースは欠かせません。次に紅茶、以前はアサヒのTeaoばっかり飲んでたんですが、近所のスーパーから消えて以来シンビーノ ジャワティーストレートに。あと明治フルーツオ・レも好きなんですが、これは一晩で一本飲み干してしまうのでたまにしか買いません。
学校ではポカリスエットとカルピスの二択が基本です。

3.お出かけ中の一休みには珈琲と紅茶どっちが多い? (好みの葉や豆も)   
1位ミックスジュース、2位アイスコーヒー、3位ホットコーヒー。大阪人丸出しです。さすがに冷コーとは言いませんが。

4.好きなスイーツ
甘党なので、何でも好きですが、ナンバーワンはベイクドチーズケーキ。よしながふみ「西洋骨董洋菓子店」に、どこでも買えるようなものほど、本当においしいものを食べると感動する、という話がありましたが、まさにそういう感じで、レアチーズケーキや一風変わったスイーツもいいけど、おいしいベイクドチーズケーキが俺様には何よりです。あと、やぎさんも書いてらっしゃいますが、コンビニスイーツといえばOHAYOですね。あすこは飲むヨーグルトも美味いんです。

5.好きなお酒
俺様、酒はあんまり詳しくありません。そんなに強くないので、焼酎とか日本酒よりはビールで安定というタイプですね。カクテルではテキーラサンライズが好きです。

6.次に回す人
以前のComic Batonと同様、こちらから積極的に回すことはしないことにします。興味がある方は是非書いてみてください。
[PR]
by kabehouse | 2006-01-08 16:27

ラストダンスは私と

今週は珍しくちょっぴり感情的です。良い漫画が終わるたびに、残念とか楽しみが減るとか、そんな話はもうやめにしましょう。

漫画は短ければ短いほど良いんです。

俺様は、どんなに好きな連載が終わっても、絶対にそれを嘆きはしません。それによって『面白い漫画が一つ消えた』と思うのは早計です。その漫画が続いたからといって、ずっと面白いとは限らない。それどころか、扱いにくいキャラや、どうでもいい伏線、ペース調整のためのただの息抜きなど、その漫画のテーマとは関係ない、面白さを阻害する要素が長ければ長いほど増えてくるのです。面白さをずっと維持する、などということは不可能ですから、どんな漫画にも終わるべき場所があります。そこにたどり着いて終われば良し、たどり着けずに終わったなら次に期待。別の漫画で思い描いていたラストを使ってもらえばいいだけのことです。一番良くないのは、終わるべき場所で終わらずにだらだらと続くことなのです。ラスボスを倒した後の新展開が面白かった例など、数える程しか有りません。例え有ったとしても、その新展開は別の世界、主人公で描かれても面白いはずなのです。ラスボスを倒すまでの道のりを丁寧に描いてくれるのならばかまわないのですが、個人的にはそれも重要な問題ではないと思っています。深い世界観を語るより、物語を広げるよりも、主人公の物語だけをストレートに、シンプルに描いてくれたほうが迷いなく届きます。緊張感も出ます。連載当初は面白いのに、途中からテンションが下がって面白くなくなることは、よくあることです。だから、我々読者は最終回の匂いを感じ取ったら心待ちにするくらいでなくてはなりません。そして来るべき新連載を祝福して待たねばならないのです。

例えば今週最終回を迎えた「道士郎」。伏線だけに終わってしまった蓮沼姉妹や、少々あっさりしていた神野、マリエサンなど、惜しい点は確かにあります。が、連載のペースがもっとゆっくりだったからといって、それらがきっちり描かれていたという保証はありません。むしろゆっくりとしたペースだったら、健介殿はこんなに格好良いキャラにはなっていなかった確率が高い。エリリンとの恋だってこんなに気持ちよくは決着していなかったでしょう。まして、ラスボスが消えてエリリンとの関係も落ち着いたこの先が続いても、期待するものなど何もありません。

もう一つ、漫画は短ければ短いほど良いと言う理由があります。最終局面には、独特の空気があるからです。ラスボスとの対決に向けて乗り込んでいく時の高揚感、絶体絶命のピンチを背負った時の焦燥感、そして、がらりと舞台が変わり、もう後には引けないという緊迫感は、最終回直前であるからこそ出せる空気なのです。

例えば「D-LIVE!!」。機能を失ったASE、仲間との別離という絶体絶命の状況で一人立ち上がる斑鳩の格好良さは、まさにクライマックス。物語を締めくくるにふさわしい盛り上がりであると言えるでしょう。もともとがケレン味溢れる設定で地味なミッションを描くという漫画だっただけに、一気に炸裂するド派手なクライマックスの心地よいことと言ったらありません。逆にこのエピソードの後で最終決戦に向かわなかったら、間違いなくテンションが下がってしまい、そこから先は読む気がしなくなってしまうでしょう。

More
[PR]
by kabehouse | 2006-01-08 15:55 | 少年サンデー

みんなでサンデーヒロインNo.1を決めよう!

今週のサンデー感想がいきなり止まってて苦しいんですが、今日は別の話です。今週のサンデー、あお高が良すぎて、どこからどこまで書けばよいやら、さっぱりまとまりがつかんのですよ…。

へっぽこぴーすけさんのThird Word World緊急避難所、Fourth Phrase Spaceにて、部分的No.1サンデーヒロイン決定戦2006WINTERを開催中です。サンデーヒロインのNo.1を投票で決定してしまおうという剛毅な企画。正月1日から始まったんですが、すでにベスト10に斑鳩とロコが入っているなど、かなり予測不能なランキングになっていて先が楽しみです。

で、ここからは『サンデー美少女大賞2006上半期』で書こうと思っていたことで、ここで書いちゃうと自分の首を絞めそうな気がするんですが、夏まで我慢が出来そうにないので書いてしまいます。

我が美少女大賞は美少女を集めて身勝手に賞を決定しようという企画、対してあちらはヒロインの人気投票ということで、一番の違いは美少女かヒロインかというところ。そこで俺様としては壁流ヒロインの定義がどうしても足かせになるわけでありまして、具体的には「聖結晶アルバトロス」の緑川理香。彼女はヒロインの定義にはあてはまらないんです。壁流ヒロインもそれほど律儀ではありませんから、あの手この手でヒロインの定義に当てはめようとはします。「我聞」を例にとると、当然メインヒロインは工具楽屋を象徴する國生さんですが、一方で工具楽家を象徴する果歩や珠、我也の親父もヒロインと言えます。また、静間かなえさんもヒロインです。鉄のこわしやはかなえさんのために戦っていますので、彼をヒーローと考えればかなえさんもヒロインです。他にもクーパ編限定でのヒロイン、桃子とキノピーなど、応用しだいでヒロインの定義はどんどん広がります。が、優さんは無理。画面に描かれていない部分まで想像を広げないとヒロインとは見なせず、俺様はそこまで想像をしないことに決めているため、優さんはヒロインとしては認められません。同様に緑川理香も、俺様の中で今一番輝いている美少女なんですが、ヒロインではない。ヒロインではないのです(血涙)!まあこんな無駄なヒロイン定義にこだわるのが俺様一人で良かったなぁ、と謎の締めをしておきましょう。

ともあれNo.1サンデーヒロイン決定戦が盛り上がると、楽しいし俺様も参考に出来るので良いなあと、今後を楽しみにしつつ応援していきたいと思います。
[PR]
by kabehouse | 2006-01-06 13:06

5年1組熊田薫!今年の抱負は良い豆腐

あけましておめでとうございます。開設から1年半を迎えました当壁ハウスも、おかげさまで30000を超える訪問者様に恵まれ、皆様からのご愛顧に感謝いたしますとともに、新年もより一層皆様に喜んで頂けるよう、努力と挑戦の日々にしていきたいと思っております。

というわけで、新年1発目のエントリといえば今年の抱負、今年の抱負といえば「キテレツ大百科」より上のサブタイトル、という手塚党藤子派の俺様。今年やってみたいなあと考えていることを以下につらつらと宣言しておきます。

・毎週欠かさずサンデーの感想
これは旧年中より心がけていたことですが、年末は忙しさにかまけて二週ほど、しかもお知らせもなくお休みをいただいてしまい、猛烈に反省している次第でございます。特に二週とも熱い新連載のおかげで半分くらいは書いていただけに悔やまれてなりません。今年は絶対一週も休まず感想を書くぞ、とここに誓っておきます。

・サンデー美少女大賞
これも去年やろうとしてできなかったことです。1月中から部門設定を詰めて、ノミネートキャラを絞り込んでいけば、年二回くらい開催できるんじゃないかなあ、と思っております。将来的にうちの看板企画にでもなれば万々歳ですね。

・語り尽くし企画
去年ラストに書いた「こわしや我聞」総括のような語り尽くし企画は、書く方も勉強になりますし、一番俺様らしい企画ですので、機会があればやってみたいと思っています。ただ、これをやるには相当の気力とモチベーションが必要な上、資料がきっちり揃っていないとできませんので、実現の確率は相当低いものと思われます。とりあえず「道士郎」はあまり思うところもなく、やる気になっていません。

・サイトポリシーをまとめる
開設から1年半ということで、ブログの方向性もひとまず決まり、独自性も見えて参りましたので、ここらでサイトポリシーという形で日頃心がけていることをまとめるのは俺様にとってもご来訪くださる皆様にとっても良いことかな、と考えております。かなり独特なブログですしね、ここ。

・ブラック・ジャック名エピソード50
これは「我聞」総括をやってて思いついた企画です。いろんな方向から一つの作品を眺めてみる、というのが一番学問的で面白いものが書けそうだな、ということで、俺様に語れるとしたらどんな作品だろう、と考えていくと、一番の有名どころは手塚治虫「ブラック・ジャック」であります。この名作を、俺様の好きなエピソードをピックアップしながら語っていくと結構面白そうだな、と思っております。これが成功したら藤子・F・不二雄SF短編とかマニアックな方向へ走って行きたいですね。

とまあ夢だけは大きく持っております。旧年中よりお付き合い頂いている皆様にはご承知かと存じますが、ずぼらな性格ですので実行できるかどうかはやる気次第でございます。もし少しでも興味を持たれ、また見てみたいと思われた企画がございましたら、ご遠慮なくコメントにてハッパをかけてやってくださいますと、一気に実現の可能性が高まってくるかと存じます。そんなの期待しないで自分でやれっつう話ですね、すみません。ただ生来どうも気が多くて、面白そうな企画を思いつくとそっちに浮気して共倒れ、というのがよくあるパターンですので、皆様の意見がいただけましたらこれほど励みになることはございません。それでは本年も当壁ハウスをよろしくお引き立てのほど、平にお願い申し上げます。
[PR]
by kabehouse | 2006-01-01 11:04