<   2006年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧

Angel of darkness Smiling devil

か: 吹き荒れるゥ~愛の嵐ィ~
べ: おいコラ!ちゃんと最初に名乗れよ!つーかその歌なんだ!?
か: というわけで今週もやって参りました壁のかですが、突如サンデーナンバーワン美少女決定戦が勃発いたしました!
べ: 今週「も」って先週来てないしいきなり謎のイベント始まってるし、ってそこで名乗るのかよ!とりあえずべでーす。
か: 貴様なんぞいらん!帰れ!
べ: いやいやいや、むしろ確実に必要だろ。なんでそんなにテンション高いのよ。
か: あ・の・なぁ~。サンデーナンバーワン美少女決定戦が始まったというのに冷静でいられる方がおかしいってもんだろう?
べ: だからそのナンバーワン美少女決定戦ってのは何?
か: まどかVSジュリア。
べ: 「結界師」限定じゃん!明らかにサンデーナンバーワンじゃないじゃん!
か: いや、それは、語呂がいいから…。
べ: そもそもまどかとジュリアでそこまで喜べるのは確実にお前だけだろ。
か: そんなことはわかっておるわこのバカ弟子がぁ!
べ: うぉ逆ギレした!つーか弟子って…
か: 残念ながら脇役までみっちりチェックして美少女に反応するスケベなサンデー読者は少ない!さらに田辺美少女はひと目で男を虜にするほどの華というかデフォルメというか、まあぶっちゃけパッと見はそんな可愛くない!だが、だからこそ俺様がその魅力を世間に知らしめねばならんのだ!サンデー美少女が持つ地味さ故の安心感を!脇役を愛し、見守り想像する快感を!そして見れば見るほどに惹き込まれてゆく田辺美少女の魅力を!あとまあ自分の好きなタイプについて延々語ることの楽しさとか諸々をだ。
べ: 要するに自分が楽しいだけ…。
か: ちっがぁーう!コレは本当に!本当にもっとみんなに好きなタイプについて語って欲しいのよ!もっと萌えやフェティシズムを気軽に楽しんで欲しいのよ!友達と金髪VS黒髪論争で盛り上がったりして欲しいのよ!女の子が好きで何が悪いデスカー!!人が好きで、何が悪いデスカー!!
べ: さっきからコロコロとキャラが変わるなぁ…。ていうか『人が好き』と『女の子が好き』はだいぶ違うだろ。
か: 人が好きーィやけんネー。人が好きーィやけんネー。
べ: それ違う!絶対そういう意味の歌じゃない!あぁもう何でもいいからさっさと本題に入りなさい。
か: はっ、そうだ。じゃぁまずは今週高らかに挑戦状を叩きつけたニューカマー、ジュリアから行くか!
べ: 確かに叩きつけてはいるけどまどかにじゃないだろ。

More
[PR]
by kabehouse | 2006-12-19 00:44 | 少年サンデー

漫画をマジメに考えてみる

今日は、ずっと以前から考えていた、良い漫画とはどんな漫画なのかについて、書きたいと思います。このブログの根幹を為す考え方であり、また、一般的なものとは少々異なる、極端な思想となっているので、皆さんに知っておいていただきたいと思いました。もちろん、これは個人の考え方なので、皆さんに押しつけるつもりはありません。この文章が、皆さんが漫画について考える際の一助となれば良いと思っています。

まず、俺様が常に座右に置いている、手塚治虫の「マンガの心」(光文社)というハードカバーから出発したいと思います。この巻末で、手塚治虫はインタビューに答えてこう言っています。

Q「よい漫画とわるい漫画の見分けかたについて」
A「よい漫画、わるい漫画ってのは主観的なものでね。そういう分けかたは、ぼくはしたくないのです。(以下略)」

いきなりテーマを否定されてしまいました。だめじゃん。ええ、俺様にとって手塚治虫は神のような存在ですから、その言葉に異を唱えるつもりは毛頭ありません。が、だからといっておとなしく信じるつもりもない。例えば美味い、不味いという基準は主観的なものですが、それでも美味いものは美味い。これは主観的な価値基準が多くの人に共有され得るという代表例です。決してそれが絶対的に正しいものではなく、ただ多くの人がそう感じるのだという前提があってのことならば、良い悪いを論ずることには意味があるのではないか。ただ、良い悪いという言葉はその前提が見失われがちであること、また手塚治虫の言葉は盲目的に信じられやすいことから、「ぼくはしたくない」と彼は言ったのではないか。そう俺様は考えました。また、同じインタビューで手塚治虫はこうも言っています。

Q「漫画というものの本質を、ズバリひと言でいうと、なんでしょう」
A「風刺ですよ」

風刺とは、社会への批判や警告など、自分の伝えたいことを婉曲的に伝えることです。キャラクターや世界観を通して、ストレートに叫ぶのではなくやわらかく浮かび上がらせる。それが漫画の本質であるというのは、納得のいく論ではないでしょうか。そして、漫画だけではなく、小説にせよ映画にせよ芝居にせよゲームにせよ、娯楽作品というものはすべからく風刺を本質として持っているものではないでしょうか。つまり、漫画を含めた娯楽作品においては、伝えることよりも楽しませることが重要であり、より人を楽しませるものがより良いものである。これならば多くの人が納得するのではないでしょうか。当然、娯楽作品の対極には芸術作品があり、これは楽しませることよりも伝えることが重要なのです。

娯楽作品全体が、風刺という同じ本質を持つとするなら、全体に通ずる良し悪しの基準が見いだせそうです。娯楽の良し悪しはどこで決まるか。先ほども述べたように、娯楽においては楽しませること、すなわち客(漫画の場合は読者)の存在が重要視されます。芸術と比べて、客がどう受け取るかをより重視せねばならない娯楽だからこそ、その良し悪しがより主観的になるのかもしれません。そこで、客に注目して考えてみます。娯楽のなかでも、最も客の存在が大きく影響するのがゲームです。このゲームを見てみると、『ゲームの良し悪しはプレイヤーの質に左右される』という仮説が浮かびました。プレイヤーがそのゲームのルールをどれだけ熟知しているか、そのゲームを遊んだ経験がどれだけあるか、という点がゲームの楽しさに直結するのです。もちろんこの仮説は、比較的プレイヤーの技術を問わないテレビゲームにおいても変わりません。名作と呼ばれるゲームには、常に神と呼ばれるプレイヤーが存在し、彼ら・彼女らが、時には制作者の意図を越えてゲームの楽しみ方を開拓していった歴史がそれを証明しています。ゲームはプレイヤーが作るものだ、と言っても過言ではありません。

では、プレイヤー次第で、どんなゲームも良いゲームとなり得るのか、というとそんなことはありません。『勝利(敗北)条件のないゲームはつまらない』とよく言われます。「スーパーマリオブラザーズ」で、無限1UPをした途端に先に進むのがおっくうになる、というアレです。マリオを含むアクションゲームは、ゲームオーバーにならずに最終面をクリアすることが勝利条件なので、ゲームオーバーの危険がほぼなくなってしまうと、つまらないゲームになってしまうのですね。では、名作と呼ばれたゲームはどうやってそこまでゲームに対する集中力を持続させたのでしょうか。多くのゲームは二人以上で対戦する形を取り、互いに技術を高め合うことで勝利条件を書き換えていきます。将棋やチェス、球技などは技術を高め続けることで競技人口を増やし、今やスポーツの域にまで達しています。また、対戦相手のいない一人で遊ぶゲームにおいては、プレイヤーは自分で勝利条件を書き換えて行きました。シューティングゲームのスコアアタック、アクションゲームのタイムアタックやロールプレイングゲームの低レベルクリアなどがその代表例です。しかし、ほとんどの一人用ゲームは勝利条件を高めるのにも限界があり、対戦型ゲームほど長い寿命は保てませんでした。

やはりプレイヤーが良いゲームを作るといっても限度があります。ゲームには必ずルールがあり、それがプレイヤーを縛ってしまうからです。ところが、前述のとおりプレイヤーは自分でルールを作ることでさらなる楽しみ方を編み出していったわけですから、ルールは諸刃の剣であるということになります。ゲームの場合はルールをどう設定するかでプレイヤーがどれだけ力を発揮できるかが決まると言えます。そこで、『良いゲームとはプレイヤーの創造性を刺激するゲームである』という仮説をもってひとまずの結論とします。

この仮説を漫画にそのまま当てはめることは可能でしょうか。『漫画の良し悪しは読者の良し悪しに左右される』。『良い漫画とは読者の創造性を刺激する漫画である』。あながち納得のいかない説でもなさそうです。漫画の本質が風刺である以上、読者にはその漫画から作者の意図を読み取る力が求められ、その力が不足していれば、漫画を十分には楽しめないでしょう。漫画とは読者がそれぞれ自分の楽しみ方を見つけることで、作り上げるものだと言ってよいと思います。ほぼルールによってできていると言っても良いゲームと違って、漫画は様々な構成要素でできていますから、何が読者の創造性を刺激するのかははっきりとは言えません。しかし、漫画自体が持つ力と、読者が持つ力と、二つが噛み合って初めて名作が生まれるのだということは言えるでしょう。

以上の考えから、俺様がこのブログを通してやろうとしていることは二つあります。一つ目は、良い漫画を作ること。俺様が自分の中に作りあげたその漫画の楽しみ方を提示することで、それが皆さんそれぞれの楽しみ方を作る助けとなり、皆の楽しみ方が連鎖することで、俺様の考える良い漫画が一つでもできあがってほしいと思います。そして二つ目は、自分の読者としての質を高めること。漫画を深く読み、考え、文章にまとめることで良質な読者になろうという、ここはそういうブログなのです。

以下、蛇足に近い補足説明
[PR]
by kabehouse | 2006-12-12 02:53