<   2007年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

サンデー47号 ~1/3の純情な(?)感情~

か: ………
べ: ん?どうした?
か: フ…
べ: フ?
か: ゴゴゴゴゴ(ボトボト)
べ: 鼻血!?「ギガグリーン」かよ!!
か: 藤木俊の4コマじゃない4コマはいける(ボトボト)!流行りに乗れるぞ(ボトボト)!
べ: いや、そんな今月のサンデー超を読んだ人にしかわからん話をされても。というか冒頭の効果音だけパロったんじゃぁ、読んだ人でもわからないと思う。
か: セリフがないんだから仕方なかろう(ボトボト)。
べ: ……とりあえず鼻血をとめなさい。
か: しかし出来るだけ前フリを引っ張らないと、今週はマジですぐ終わるぞ(ボトボト)。
べ: 先週あれだけ「金剛番長」と「クナイ伝」(の二ノ宮いづな)を押していくって言ってたじゃん。いくらでも言うことあるでしょうに。
か: そりゃあった(ボトボト)!「番長」は相変わらずの高い画力を大ゴマ使いまくりのフルパワーでたっぷり見せてくれるし、ファラオは仕草がいちいち可愛いし、「MAJOR」も「ガッシュ」も美味いし、「ケンイチ」終わって「コナン」行く頃には俺様は、もうお腹いっぱい、もうダメもう食えないけど佐藤刑事は別腹ー!!みたいな感じだったんだ(ボトボト)!
べ: いまいちどんな感じかよくわからないんですが…。
か: けどそれも全部消えた。何もかも全部、そば屋に持っていかれた(ボトボト)。
べ: そば屋って…。「クロスゲーム」の?出番二コマしかないよ?
か: 一コマでKO(ボトボト)。もう問答無用(ボトボトボト)。ただもうあだち充は絶対おかしいというだけ(ボトボトボトボト)。ありえないだろ畜生なんだよこれ何でこんなに可愛いんだよ畜生わかんねえぇぇぇ!(ボトボトボトボトボトボト)
べ: 落ち着け。あんたが瞬殺されるのは珍しい事じゃないから。
か: 一コマは初めてだ(ボトボト)!どんな役どころでどんな性格なのか、どこが魅力なのかもさっぱりわからんのにここまで可愛いと思ったことは今まで一度たりともない(ボトボト)!畜生どこだ!どこに秘密がある(ボトボト)!!
べ: なんか…そば屋が可愛くて興奮してるんじゃなくて、どこが可愛いのかわからないから悔しがってるって状況か…?
か: そうだ(ボトボト)。だからコイツのどこが可愛いのか解明するまでは、何も言えんのだ(ボトボト)。
べ: まあでも、そういう問答無用のパワーはこれまでにもあったわけだし、いいことじゃないか?
か: 確かに俺様も歓迎するところではあるんだがな(ボトボト)。しかしやっぱりあだち充にいつまでもやられっぱなしというのは気にくわん(ボトボト)。
べ: とにかくあだち充がスゴイってことでいい加減鼻血とめろ。
[PR]
by kabehouse | 2007-10-25 22:10 | 少年サンデー

たまにはタイムリーなネタで

a0025830_21213477.jpg
よつば素体が意外と使えないことが判明したので、再度女の子用素体を作り直し。
やはり版権ものだと元ネタに引っ張られすぎるため、オリジナルで行こう、
ということでMS少女に。「ガンダム00」よりガンダムエクシア少女です。
色や胸部のデザインからセーラー服にするのはどうだろう、などと考えていたら、
「じゃあデュナメスがジュピターでキュリオスがヴィーナスで行けるやん!」
ということになり、現在こんな感じになってます。
オリジナルで行くんじゃなかったのか!?

ヴァーチェはマーキュリーかなぁ。プルートかなぁ。
…どっちにしろマーズがおらん…。
[PR]
by kabehouse | 2007-10-22 21:35 | ラクガキ王国

サンデー46号 ~オラ、ワクワクしてきたぞ~

か: はいどーもー、壁のかでーす。
べ: べでーす。
か: 今週は、とにかくファラオが可愛すぎ。
べ: だからファラオって呼ぶな!二ノ宮いづな!!
か: 気品溢れる物腰!物怖じしない言動!相手を自分のペースに引き込む風格!全てが王者の証!これぞナチュラルお嬢!ファラオ!
べ: ファラオで締めたらギャグにしか聞こえないから!
か: というかファラオ、読み切りの時より可愛くなってないか?なんか可愛さ10%サービス中って感じだぞ。
べ: そう言われても、どこがどう変わったのかサッパリわかりませんが。
か: アレか、クナイとファラオが初対面という設定になったことで、世間ずれしていないことと物怖じしない性格が強調されて可愛さアップってところか。
べ: うわ、細かいな…。
か: そんなこんなで現在ファラオに首ったけ。
べ: いつまでファラオって呼ぶつもりだよ…。
か: 無論、死ぬまで。
べ: えええええええええ

か: 後やっぱ今週はアレ!来週から始まる「番長学園」!
べ: タイトル違う!「金剛番長」!
か: そう、その番長学園がもう最高だな!
べ: 違うから。マジで番長学園なんてマイナーなTRPG知ってる人誰もいないから。
か: なんというかねぇ、一昨日のアレを書いてすぐにこれを知ったわけで。コレだよ!俺様が読みたかったのはコレだよ!って。
べ: あー…まあ確かにもの凄くデフォルメされてるし、緻密さとは無縁そうではあるね…。
か: やっぱり少年マンガはハチャメチャでいいんだよ!ぶっ飛んだ設定でもストーリーでも構やしないんだよ!真のリアルってのは別のところにあるんだよ!ってのを見せて欲しい。
べ: まあでも実際サンデーがコレを新連載に持ってきたっていうのはすごいことだよね。チャンピオンならともかく。

か: そんなわけで、今後壁ハウスはファラオと番長学園を猛プッシュしていく予定!
べ: 最後ぐらい正しい情報を言ってください……。
[PR]
by kabehouse | 2007-10-18 21:32 | 少年サンデー

あらまほしきリアル

か: はいどーもー、壁のかでーす。
べ: べでーす。
か: なんか今週のガウォークのとこで魔改造を思い出したんだが。
べ: 古いよ!今どき魔改造を本来の意味で使ってる人いないよ!それにアレもともとガウォークもどきって呼ばれてたから思い出して当然だし。
か: とまあ今週そんくらい一気にテンションが上がった。
べ: そんなにテンション上がる部分あった?
か: なんだろうなー「メテオド」かなー。それかアレか、ファラオが帰ってくるからか!
べ: 「クナイ伝」のヒロインをファラオと呼ぶのはやめなさい。
か: やっぱり何度読み返してみても全体的にぐぐっとテンションが上がった気がしてならないんだよなー。
べ: どうせ佐藤刑事がいるからとかそんな理由だろ…。
か: それだ!!
べ: 正解なのか!?

か: まあそれはともかくとしてだ、俺様が言いたいのはやっぱり俺様はサンデーが好きだ!ということでだな。
べ: 何を急に。
か: 今週もジャンプ読んだんだが、さらに少年マンガの行く末に不安を感じたのよ。
べ: また描写がリアルになったが故に云々っていうアレ?
か: というより、少年マンガが目指すべきリアルは今向かっているリアルとは違うんじゃないかと。
べ: 意味がわかりません。
か: まず、SFやロボットアニメが好きな人には馴染みの概念だと思うが、虚構のリアルってのがそういう作品にはある。フィクションだから本当の意味で科学的に考察すれば明らかに間違っているのが当然で、その間違いをいかに気にさせないか、が重要なテクニックとして存在するわけ。
べ: 要するにどれだけもっともらしく嘘をつけるかってことね。
か: でもそれが一般化してくると、そういったテクニックとしてのリアルよりも重要な、真の意味でのリアルがあるんじゃないのか、という議論が起きた。真の意味でのリアルというのは、視聴者の心に共感を与えるドラマを描くことであって、上手く嘘を付くことに躍起になって、世界設定を固めきってしまうと、そういうドラマ性から離れていってしまうんじゃないかと。
べ: …それは『リアルよりも大事なものがあるんじゃないか』という話ではないの?
か: いや、俺たちはデザインや設定よりもドラマやテーマの方に『リアル』を感じたんじゃないか、という話だ。もちろんデザインや設定のリアルさが重要なテクニックであることは承知の上で、アニメってテクニックだけを楽しむものか?という議論がなされた。

べ: で、それが少年マンガとどう関係が?
か: 俺様が少年マンガに求めるリアルは、虚構のリアルとも真の意味でのリアルとも似ていて、どちらとも少し違う。漫画、特に少年マンガの手法について、『リアル=細かく描き込む』という認識が一般的になっている気がしてな。
べ: まあ普通は細かく描き込んだ方がリアルになるよね。
か: 俺様はそれが違う気がしてならんのだ。描き方によるんだが、細かく描けば描くほどイラストのような無機質さが増して、ぺたっと平面的になってしまっている絵が多い。立体感を出すはずのトーンワークやら効果線やらで画面が埋め尽くされて、逆にのっぺりとした印象になってたりする。
べ: あー、つまりテクニックに偏りすぎなんじゃないかと。
か: そうとも言えるし、漫画のテクニックってそっちじゃないんじゃないか、とも言えるな。どれだけシンプルに画面を演出するか、どれだけデフォルメしてリアルに見せるか、が漫画の技法なんじゃないかと。例を出せば、あだち充や鳥山明の上手さが本来漫画の上手さであって、山田章博とか荒木飛呂彦の上手さは、とんでもなく上手いから漫画として成り立っているが、漫画全体が目指すべき上手さじゃあないように思えるんだな。
べ: …確かに、世の中の漫画が全部荒木飛呂彦みたいになったら嫌だけど…。
か: それともう一つ、最近流行は緻密な表現に寄っているくせに、山田章博、荒木飛呂彦レベルに緻密な漫画はほとんど見あたらないだろ。
べ: そりゃ、あそこまで上手い人がぽんぽんいるわけないし。
か: しかしここまで見あたらないと、最初からそこまで緻密な漫画を目指す人はいないようにも思えてくるんだよな。緻密といっても絵画レベルの緻密さを求めるわけじゃなく、中途半端なところに落ち着こうとしているんじゃないかとか。
べ: それは中途半端じゃなくて丁度いいところを探そうとしてるんでしょ。
か: みんなが同じところにいて、どうして丁度いいところが見つかるんだよ。始めに多様性なくしては最適解なんぞ見つからん。
べ: じゃあ今日の結論は、もっと緻密に描き込んだ奴とか逆にデフォルメ効かせたやつとか、いろんな漫画がないと変なところに行きかねないぞ、ってことで。
か: だから少々古くさくても、まんがまんがした少年マンガを読めるサンデーを俺様は応援するぞ、と。
[PR]
by kabehouse | 2007-10-17 00:45 | 少年サンデー

【ラクガキ王国2】揺れる乳の描き方

【ニコニコ動画】ラクガキ王国2-乳揺れ-

少し前に2chスレで乳の話題が出ていたので、
ここは俺様がやるっきゃねえな!ということで動画作ってみました。
乳以外にも、脚や腕の動きが変になった時などに応用できます。

曲はこれしかないと思った。
[PR]
by kabehouse | 2007-10-15 09:53 | ラクガキ王国

サンデー44号…とはあまり関係なく少年マンガとエロについて

か: はいどーもー、壁のかでーす。
べ: べでーす。
か: 今週はあんまり言うことがないから、少年マンガにおけるエロ表現の話をするぞ。
べ: 何よそのいい加減な動機は。
か: 時々あることだ。気にするな。
べ: やれやれ。事の発端はぴーすけさんとこで「最近ジャンプがえろばっかでやばくね?」という話題が出たことでありまして。
か: そんなにエロばっかだったかなぁと思ってジャンプを買ってじっくり読んでみたわけだ。

べ: で、ジャンプを読んだ感想としては。
か: うむ。こいつは量の問題より質というか、描き方の問題だな。
べ: 描き方の問題?
か: 応。まず大前提として、エロってのはギャグ表現の一つだということを知っておかなければならない。エロシーンが楽しめるかどうかという点で重要なのは、ギャグの範囲に収まっているか否かという事であって、シーンが多いか少ないかということはそれほど重要ではない。
べ: ということは、最近少年マンガのエロ表現がギャグの範囲に収まらなくなっているということ?
か: そういうことだ。数年前から少年マンガの表現ってのはどんどんリアルになってきていて、それがエロ表現にも波及してきたってことだな。
べ: ギャグはリアルに描いちゃダメなのか?
か: いや、エロはただのギャグではなくて、要するに下ネタだから。下ネタをリアルにやるとグロい。
べ: あー、要するに最近の少年マンガはエロいというよりグロい、と。
か: 恐らくな。現在漫画の世界では、画力が高い作家ほどリアルな絵を描く傾向にある。今のところ週刊少年マンガ誌で最も画力が高い、ここではリアル寄りの絵が多い雑誌はチャンピオンであり、その逆にあるのがサンデーなんだが、それがそのままエロ表現のどぎつさにも表れている。そこからすると、両者の間に関連があると考えるのが妥当だろう。

べ: 要するに下ネタはもっとソフトにやれってことね。
か: それもある。が、チャンピオンなんかは別の策を取り始めてるな。
べ: 別の策?
か: エロシーンをリアルにする代わりに、エロシーンへの持っていきかたをデタラメにすることで、ギャグに引き戻すという方法だ。
べ: …「あいこら」みたいな感じ?
か: まあそうだな。「あいこら」の場合絵もそんなにリアルじゃないし、展開もハチャメチャだからあそこまでアブノーマルなネタが許されていると考えられる。今週の「あいこら」を桂正和が描いていたら、とんでもないことになっていたかもしれん。
べ: …なんかものすごく気持ちの悪い絵になりそうなんですが…。
か: まあそういうわけで、エロシーンはリアルに描くとまずいよってことだな。
べ: あれ?じゃあ展開をハチャメチャにしても結局絵がリアルだとダメってことじゃない?
か: いや……まあ……そうだ。エロシーンへの持っていきかたをデタラメにするってのは、もともとエロ漫画が生んだ手法だし、少年誌の方向性としては疑問が残らなくもないな。
べ: 何をそんな急に歯切れ悪くなってんのよ。
か: チャンピオンがこのまま行くとどこに辿りつくのか結構興味があってな。あんまりきっぱり否定したくないんだわ。
べ: エロ漫画好きだからねぇ…。
[PR]
by kabehouse | 2007-10-08 10:24 | 少年サンデー

【ラクガキ王国2】人の顔を描く

ニコニコ動画にラクガキの製作過程を投稿する人が増えてきて、
俺様もやってみようかと色々いじくってみたんですが挫折。
俺様は言葉で説明する方が合ってるようです。
というわけで今回は、顔の描き方。
よつばのときはシンプルにいけたのですが、
もっと起伏のある顔に挑戦します。

a0025830_168287.jpgまず鼻の位置を決めるのはいつでも同じ。
a0025830_16122362.jpg下書き用に、顔の前に白い板を描きます。嘘です。この写真では白ですが、実際には次の写真のように透明にします。
a0025830_16132435.jpg資料と見比べながらもようペンでひたすら下書き。輪郭とかは後で描くので、頭全体の上下長に対して目や鼻、生えぎわがどこにくるかによく気をつけます。
a0025830_1619669.jpgもようペンは真横から見えないので、生えぎわと目の下、鼻の位置をらいんペンで入れます。
a0025830_16204490.jpgここからようやくりったいペンで顔を描いていく作業に入ります。今回はここまで描いたところで次の作業に移りましたが、結局後から修正を入れるはめになったので、納得のいく顔が描けるまで十分に時間をかけておくのが良いかと。
a0025830_16254820.jpg下書き用の板を「表示をけす」で消して、下書きをさっき描いた顔に描きうつします。
a0025830_1627952.jpg髪を描きます。俺様の場合、髪が勘で描けるようになっちゃっているので、解説は勘弁してください。
a0025830_16292683.jpg顔を清書して完成。結局輪郭が気に入らなくて描き直したりしてます。ラクガキの場合、顔を似せることには限界があるので、顔は違和感がなければオッケーということにして首から下に力を入れた方がいいと思います。
正直顔に関してはまだ全然修行が足りてないんですが、
下書き用の板を描く方法は最近思いついた方法なので紹介してみました。
さまささんのページに頭の描き方のわかりやすい解説がありますので、
そちらもどうぞ。
[PR]
by kabehouse | 2007-10-06 16:48 | ラクガキ王国