<   2008年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

サンデー17号

今週も50周年で気合い入ってますねサンデー。ここまで素直に面白いとあんまり言うことないかなーと思ってたんですが、結局結構な量書いてしまいました。

・月光条例
演劇部を見てるとどうしても和登さんを思い出すのでなんでかなーと思ってたら、髪型やプロポーションが似てるのはもちろん、「じっとしてればもの凄い美少女なんだけど、じっとしてないからなー」感が和登さんなんですな。違うのは、和登さんが保助にベタベタに惚れられていたのに対して演劇部は月光に惚れているという点ですが。演劇部は時々急にしおらしくなって月光をユーワクしてみると良いと思いました。

あとトゲ付き足輪などという極めてはしたない武器を扱う鉢かづき姫が斬新すぎます。なんだろう、もうチラリズムってレベルじゃなくなってるから反応に困るよ…!

・結界師
以前から俺様がメガネ嫌いな理由を、どうも顔の線がメガネフレームでぶった切られるのが我慢できないのが原因らしいということで暫定していたんですが、この受付の人のメガネは良いと思うのでどうやらそれで確定のようです。

・お坊サンバ
メインメンバー四人横並びの図が面白すぎます。先週の「マリンハンター」は見た目が面白すぎましたが、今回見た目は正義の味方なのに言ってることがどこか悪人。とくにみどり。またハンサムだけちゃんとしてるところがツボをついてきます。

・ハヤテ
走るだけで中が見えるような長さのスカートはいくらコスプレと言えども。

・クナイ伝
ああもうどこまでお約束なんだこの漫画は!殺す気か!!

・DIVE!!
今週は久々にトモが可愛かったです。あとオロオロしてるのにオロオロしてるように見えない秋月さんも。

・お茶
「シンデレラ」や「鉢かづき姫」に代表されるような立場の差を超えた純粋な愛の物語はたくさんありますが、狭く限定された世界が純粋さを保つという一つの側面はあるものの、本当に素晴らしいこととして人々が伝えたかったのは、そのようにして保たれた純粋さ自体ではなく、一つの世界にある純粋さが遠く離れた別世界の純粋さと出会い、互いに受け入れることなのかもしれません。

狭い世界ではたった一本の筋に従って生きることができるために、純粋さを保ったまま人が成長する見込みがある。世界が広がることでその筋が何本もに枝分かれし、ねじ曲がっていくように、一見すると思われますが、実はそれは曲がっていくのでも枝分かれするのでもなく、もとから太い太い一本の筋があって、その筋を踏み外しさえしなければ、どこをどう通っても良いということなのです。それに気づくことで、人は純粋さを保ったまま自由を得られます。そして、それに気づくためには、別の場所から真っ直ぐに育ってきた純粋さと交わる必要がある。

この漫画は、そういう物語なのかもしれません。

・あお高
そうだよ!夏の甲子園はこうでなきゃいかんのだよ!たった一つの不運で、ほんの少し敵を捉えるのが遅かっただけで全てが終わる、この絶望、この抗えなさ、無念さ、儚さ、虚脱感、これこそが甲子園の魔物!

・マリンハンター
セブントリトン7人のうち3人はアイドルユニットだった!そしてやっぱりヤツが持ってたのはしゃもじだった!イッカクのFHはお局様キャラだった!シロイルカはオタクっぽい!マイルカは見たまんま!うん、なんか読み切りの時に書いた「この人はバトルギャグをやればいいんじゃないかと思いました。」って感想が思いがけず実現してくれて嬉しい限りです。ツッコミどころ満載で行こうぜ!
[PR]
by kabehouse | 2008-03-30 03:07 | 少年サンデー

なんか色々最悪だ

なんか急に引っ越すことになってしばらく留守でした。
引っ越し先のマンションは親戚が紹介してくれたんですが、ネット環境がない。
そりゃ困るよってんで電気屋に相談したりNTTに電話したり管理会社に電話したり
ネットカフェを探したり探し当てたネットカフェが潰れてたり
最悪戸建て扱いで光回線引くことになって半年とかかかるかも…って話になったり。

最初は1泊して帰ってくるつもりだったのに結局一週間近くいる羽目になったよ!
途中帰ってきて着替えだけもって即また向こう行ったよ!

まあとりあえず全部親戚に託して来たので31日まで呼び出されることはない…はず。
スパロボ少女大戦の投稿がどっさり来てますが今日はとにかく疲れちゃってて
明日まとめて公開します。ゴメン。
つーか俺様もあと1体はだしたいのに…どうしよう。
[PR]
by kabehouse | 2008-03-28 23:16

サンデー16号~勝利の栄光を君に~

か: はいどーもー、壁のかでーす。
べ: べでーす。
か: いやーやっぱりサンデーは期待を裏切らんな。
べ: かと思うと予想は思いっきり外してくれたり。
か: うむ。たまらんな。ああ俺様漫画雑誌読んでるーって感じだな!
べ: というわけで今週は久々に、前から順に行きましょう。まず「結界師」。
か: なんか裏会の人結構いい人だよ!?
べ: 白い覆面の人ね。
か: 黒い覆面の人も意外にいい人じゃね?
べ: 言われてみればそうかも。
か: なんかいい人だか悪い人だかわからん人がいっぱい出てくるのがこの漫画の魅力だな。
べ: だねえ。現在もの凄く悪い人は扇一郎くらい?
か: その扇一郎が良守とほとんど関わらないというのもすごい。ってとこだな。
べ: じゃあ次、「ダレン・シャン」
か: ようやくヒロインがレギュラー入りしたかと思ったらいきなり敵に連れ去られたよ!どれだけ美少女濃度低いんだ!
べ: ヒロインがメインキャラ中唯一生身の人間だしねぇ。
か: 地味にサンデー一不幸な美少女だよな。というわけで「ハイド&クローサー」。
べ: デビーの話で終わりかよ!あと一個飛ばしたよね今!
か: 「呪法解禁!!ハイド&クローサー」略して「H&K」ってのはどうか。
べ: それは拳銃作ってる会社です。
か: 今週は閑話だったが、この漫画バトルの展開が実に上手いよな。
べ: 出てる要素を上手く使ってるね。毎回さりげなく春瓶の資質の高さを絡めてくるし。
か: あと「ピンチに始まりピンチに終わる」というテンポがきちんとできてるのも良い。あとはなんたってハイドの格好良さな。「ドカベン」に例えるなら見た目が里中でやってることが山田。最強だ。
べ: その例えわかんないよ!もういい、「MAJOR」。
か: ギブソンかっけえ!何この親父最高!
べ: そこまで反応するところか…?
か: この、誰のためでもなく自分の楽しみのためだけに戦うっていうのがいいんだよ!それがスポーツ漫画なんだよ!ロマンなんだよ!!
べ: まあ確かにスポーツ漫画にしかできないことではあるけど。
か: あとエマさんは最高のメイドだな。前にも言ったが。
べ: なんでこの人出るたびに反応するんだよ…。そんな特徴的なキャラでもないのに。
か: 特徴的じゃないから最高のメイドなんだよ。現代的な生活で、毎日他人の家で働く仕事なんだから、清潔感があって控えめで適度に温かみがあって飽きが来ないエマさんが最高。
べ: それはさりげなく「ハヤテ」のメイドさん達に喧嘩売ってるのか?
か: あの漫画は現実離れしてるから、現代的な格好してたら逆におかしいだろ。「MAJOR」みたいな舞台に登場するメイドとして、エマさんが最高なんだよ。
べ: なるほど。あんまりそんな舞台にメイドさんは登場しない気がするけどまあいいか。
か: あとツッコんじゃいけないところにツッコむと、この部屋の構造謎だな。こんだけ窓が広く開いてるんだったらJr.の車が着いた時点で気づくと思うが。TVのすぐ横がドアだし、Jr.は一体どんな経路でこの部屋に侵入したのか。
べ: 本当にツッコんじゃいけない、っていうかツッコむ意味がないよ!
か: まあ気づいちゃったらしょうがないってことで次。
べ: 「金剛番長」か。
か: 今週の一コマは148ページ1コマ目、「あーんもー!!(以下略)」。
べ: 陽菜子ですか。
か: うむ。この陽菜子は良い。やっぱり鈴木央はずば抜けて絵が上手いな。以上。
べ: じゃあ長くなってきたからざらっと飛ばしてえーと次…は…、「ゴールデンエイジ」?
か: なんかデスクリムゾンっぽいゲームやってるー!
べ: これはまさしくクソゲー…
か: なんかピアノ周辺もいちいちマニアックでいいな。以上。
べ: 速っ!…まあいいか、「魔王」飛ばして「あお高」。
か: これは完全くるぞ。
べ: うおう言い切った!
か: 根拠はあってないようなものだからゴチャゴチャ言わんがな。俺様のオーラ看破能力がそう告げている、ってことで。
べ: まあそうしとくか。じゃあ次は…「お茶」?
か: あと友情も生まれる、ってちょっと上手いこと言うのはどうかな?
べ: いや、どうかなって言われても…誰が?
か: まあとりあえず、こうやって細かいところにきめ細かなフォローを入れつつ勢いも失わないのが西森博之の芸だな。地味に常人の技じゃない。
べ: なんか今日は意外と真面目だな。
か: ここまではな。
べ: ここまでって、残りは…
か: 「マリンハンター」の4人組の図が笑えてしょうがないとか。
べ: …見た目ではシャーク以外足手まといだよね、コレ…。
か: M・ボーンなんか本気でなんでいるんだって感じがするよな。馴染んでるから余計に笑える。
べ: 本当にどうするんだろうねこの人…。
か: あとセブントリトンの白ポニーの娘はなんで杓文字持ってるんだ?食事当番なのか?
べ: いや杓文字は持ってないだろ………杓文字にしか見えない!?
か: なー。絶対コイツがセブントリトン全員分の飯を毎日作ってるよなー。
べ: みんなも食卓を囲むセブントリトンを想像して噴こう!
か: あとはやっぱり「DIVE!!」のハイテンポが好きだっていうのと「クナイ伝」がトビラからしてすごいやってくれた感ってことか。
べ: このサブタイトルで全てがわかるね。
か: で、全くその通りに事が進むからな。にも関わらず鈴もファラオも予想を遙かに超えてカワイイ。さすがだ。
べ: 鈴はともかくいづなもですか。
か: 応よ。カワイイものを見ると自分のものだとつい思っちゃうお嬢っぷりがたまらん。
べ: そんなにお嬢様キャラが好きか。
か: といったところでまた来週。
べ: 来週かどうか怪しいけどね…。
[PR]
by kabehouse | 2008-03-22 15:12 | 少年サンデー

【東方風神録体験版】Easy三面クリア

今週のサンデーは色々書きたいことが多すぎてまとまらないので明日書くとして、
今日はとりあえずEasyクリアまでこぎつけた東方風神録体験版について。

音楽とか演出とかはまだ気にしている余裕がないんですが、ゲームとしては非常に難易度のバランスがとれたSTGであるな、と思いました。Easyなら初見でも1面ボスまでたどり着け、少しコツがわかれば1面クリアから1面ノーミスまではすぐ、その後も1面ノーミスが安定してくるころには2面クリアが、2面ノーミスで行けるようになれば3面クリアが見えてくるという感じで、モチベーションが続きやすく、上達が実感できるゲームだと思います。

上達が実感できるというのは、面白いゲームには不可欠な要素です。STGの場合敵機の出現位置と攻撃パターンを覚えて対処方法を組み立てていくのが醍醐味なわけですが、その点ではこの東方風神録、特に2面が面白い。前半の全方位弾から自機狙い弾へ移行する攻撃は、仕組みさえわかればぐっと避けるのが楽になって楽しいですし、中ボス(というかボス第一形態というか)後の自機狙い編隊は絶妙に嫌らしい攻撃(途中で弾速が変わったりとか)をしてきて悩まされます。こういういわゆる「壁」が2面にあるところが良いところで、最初はわけがわからないけど、1面で弾幕になれて余裕が出てくると2面の攻略方法が自然と見えてくるようになっているわけですね。

そういうわけで、さすが多くのファンが付くだけあって、初体験の人にも安心してオススメできる良いSTGです。まあ若干不満点もあるにはあるんですが、それはゲームとは関係ない部分なので無視。
[PR]
by kabehouse | 2008-03-22 02:16 | ゲーム

チルドレンを描こう その3

a0025830_2204098.jpg
上半身がほぼ完成。
襟の切れ込みはできればもうちょっと下げたいところですが、胸の位置との関係で妥協。
ボタンがなんかしょぼいのでもう少し考えます。

a0025830_2204893.jpg
チャットで明らかになった驚愕の事実
・・・・・・・・・・・・orz
[PR]
by kabehouse | 2008-03-16 02:23 | ラクガキ王国

チルドレンを描こう その2

a0025830_1541970.jpg
顔描き直し、脚・腕を描きました。
あとは胴体を描き直してスカート描いて細部を描き込めば完成か…。
結局サンデーキャラは再現度にこだわってしまいます。

以下近況:

・サンデーの新連載陣が鉄板過ぎる。スポーツ漫画がなさげなのがちょっと残念だけど、これ以上増やすわけにもいかないか。

・コントローラ変換器購入。キーコンフィグと低速移動の導入により東方風神録2面クリア。今まで低速移動使ってなかったのがアホみたいです。相変わらず道中がしんどい。

・久しぶりにカオスシードをやったらそのまま徹夜。やっぱコレ楽しすぎる
[PR]
by kabehouse | 2008-03-15 02:34 | ラクガキ王国

チルドレンを描こう その1

a0025830_18435922.jpg
アニメ化記念、チルドレンラクガキ化計画発動。
まずはアニメ設定画を参考にしながら薫の顔を描いてみました。
アニメ設定画だともうちょっと髪が長く見えますが、画面写真だとそうでもないようだし、このくらいのイメージかな?

それよりも顔がちょっと縦に長いかなーという気がしてます。
アニメ設定だとこのくらいな気もしますが、原作ではもうちょっとカワイイ感じだし、
やっぱりカワイイ方が好きだしなぁ。

もう一回目を描き直そうかな…。
[PR]
by kabehouse | 2008-03-08 18:54 | ラクガキ王国

東方風神録(体験版)

か: はいどーもー、壁のかでーす。
べ: べでーす。皆さんお久しぶりー。
か: ようやくヒマになったんで、今さらながら東方風神録体験版をやってみることにしたぞ。
べ: 東方風神録については「上海アリス幻樂団」に行ってみてください。シューティングゲームです。
か: とりあえずEasy1面はクリアできるようになった。
べ: しょぼっ!初心者にもほどがあるだろ!
か: 最初は本気で意味がわからなかったからな。弾幕STGとそれまでの縦STGは根本的に違うらしい。
べ: というと?
か: これまで俺様がやって来た縦STGでは、敵弾は基本的に上から飛んでくるものだったから、「弾が近づいたら左右に回避しつつ上に抜ける」というのが基本だった。けど弾幕STGは横からも弾が飛んで来るんで、回避しようとすると弾に突っ込む。
べ: いや、横から来るんだったら縦に避ければいいだけの話じゃ…。
か: それに気づくのに時間がかかったんだよ。これまでやって来たことと考え方が違いすぎるからな。特に1面ボス、秋穣子の「オータムスカイ」。本気で最初は避けてるはずなのに何故か当たる、って状況だった…。
べ: 最初の最初でいきなりつまずいたわけか…。
か: 応。次の「オヲトシハーベスター」は余裕で避けられたから、余計意味がわからなかったぜ。
べ: で、とりあえず感覚のギャップはクリアした、と。
か: うむ、ボスとはまともに戦えるようになった。2面の道中が意味わからんが。
べ: すぐ後でまたつまずいてる!
か: たぶん、余り動かなければいいんだと思うが、ついついクセで敵を追ってしまう。すると既に撃破した敵の弾がいる。
べ: これも縦STGとのギャップか…。
か: 敵を撃破したらすぐ次の敵に向かう、ってのがこれまでは基本だったからなぁ…。弾幕STGの基本的な考え方がわからん。
べ: 自機変えてみたら?霊夢の誘導装備はホーミングするから動かなくていいんでしょ?
か: だが断る。自機は魔理沙貫通装備一択だ。レーザーハァハァ
べ: このレーザーフェチは…。
か: 動きは速いほうが好みだしな。
べ: それも縦STGの感覚だろ…。
か: まあ、とりあえずもうしばらくやってみてEasyクリアくらいはできるようになりたいな、と。
べ: せめてNormalとか言おうよ…。
か: いやでも今使ってるパッドじゃ限界があるぞ。一瞬押しただけで2キャラ分くらい移動したり、逆に押しても全然反応しなかったりで全く操作が安定しない。妙に軽いし。
べ: 安かったしねぇ…。誰かいいパッド教えてください。
[PR]
by kabehouse | 2008-03-07 15:17 | ゲーム

サンデー14号~お茶にごす。~

今週の「お茶にごす。」が素晴らしく面白かったので、少し思ったことを。

今週はまークンと部長の掛け合いといい、その後の山田くんといい、見どころたっぷりでしたが、俺様が面白いと思ったのは、実は夏帆の立ち位置なのです。ここに夏帆がいてくれることによって、部長がまークンについて行かなくて済む状況が作り出されている。それがこの漫画のユニークな点なのではないかな、と思うのですね。

ヒーロー・ヒロイン・ライバルという少年マンガの主要3要素に当てはめると、夏帆はまークンと目的を同じくするヒーローの役割を持っています。ここから普通に考えるならば、夏帆はまークンと共に不良どもをぶちのめしに行く(またはそれを見届ける)のが自然なはずです。しかし夏帆は行きません。なぜなら、彼らの目的は不良と戦う事ではなく、部長と一緒に茶道することだからです。これまで繰り返し語られてきた「部長のように戦わない人になる」という一風変わった目的と、それが隅々まで行き届いている事が、この漫画を非常に爽やかな物にしていると感じます。一切自分を正当化せず、それでも行かずにおれないまークン。部長の側を離れずにいる夏帆。実は一番悩んでる部長。出会いが少しずつ人を変えていく様というのは、本当に良いものです。

あ、あと勇気が生まれるって言おうとして途中で恥ずかしくなってやめる山田くんも良いよね!そりゃまークンの「行きます」が先にあったら、何も言えなくなるよね!
[PR]
by kabehouse | 2008-03-07 00:15 | 少年サンデー

【ラクガキ王国2】コマンドウルフ少女

a0025830_0212398.jpg
スパロボ少女大戦用。

折角のバイザーなのでおでこに力入れてみた。
[PR]
by kabehouse | 2008-03-04 00:24 | ラクガキ王国