<   2008年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

漫画家の労働環境改善に関する一提案

酔拳の王 だんげの方さんで、漫画家と編集者が対等に仕事をするにはどうすればいいかという提案がされています。

こういうことを考えるのは俺様も好きなので、一つ思い切った方法を提案してみようと思います。

漫画家と編集者が対等に仕事をするためには、漫画家も組織化するのが一番だと思います。しっかりとした労働組合のような組織を作って、原稿料や編集者などの情報を共有し、おかしな事があれば団体で交渉する。そうすれば、企業が後ろについているという編集者のアドバンテージはなくなり、漫画家を馬鹿にできなくなるでしょう。訴訟ざたになれば、漫画家組合が代表して法廷に立つこともできます。

ただ、漫画家がしっかり組織化しようとすると、どうしても起こる問題が一つ。発言力のある、売れている漫画家には組織の運営なんぞやっている暇はないだろうということです。この問題はどの組織でも起こっている(ために現状労働者は雇用者に対して不利になりがちである)ことですが、週間連載を持つ漫画家の忙しさは他業種の比ではありません。出版社との交渉に忙しくて連載を休まれるというのも読者としては困ります。

そこで、漫画をシーズン制にしてはどうかと俺様は思うのです。

例えば週刊誌の発売を2~6月・9~11月の2シーズン制にして、7~8月、12~1月は発売しないことにする。シーズンオフの間は原稿料交渉や移籍交渉、取材や連載の準備を行うわけです。こうすれば、漫画家もやる気さえあればきちんと組織の運営ができるようになり、労働環境改善につながるでしょう。出版社側はシーズンオフだけ発売する季刊雑誌を作って新人にチャンスを与えるも良し、ツアーサイン会などの大きなイベントを行うも良し、翌シーズンの新連載陣をコミケで大々的に発表するも良し。シーズンオフの盛り上げ方はいくらでもあるでしょう。

読者としては連載が一時期読めなくなるのは辛いところですが、それさえ我慢すれば結構いい案じゃないかと思っているのですが、どうでしょうか。
[PR]
by kabehouse | 2008-06-14 13:36

近況報告

・雷句誠が小学館を提訴しましたが。
今の小学館の仕事を見るかぎり、筋を通す人間も少なくないであろう事は想像できますが、
大企業ですからそれが会社全体を動かせるかどうかはわかりませんね。
出版業界自体歴史が長いので、旧習に囚われている部分も多いでしょうし。
漫画家の労働環境はあまりに旧時代的なので、この動きを応援せずにはいられません。

蛇足ですが、
編集者が漫画家に「載せてやっている」と言うのは、
夫が妻に「食わせてやっている」と言うのと同じことですね。

・バイト先での会話。
「壁さんは家でパソコンよく使います?」
「あー結構使いますよー」
「普段何に使ってます?」
「あー…」
言えん!「ゲームの動画撮ってニコニコに上げてます」とか言えん!!

・研究室での会話。
M「Nさん(←多趣味。)は、何か『これは人には負けない』とかいうことあります?」
N「いや、僕は広く浅くですから」
M「ええ~!?(Mさんはオタク臭ゼロの人)」
K「本当のオタクの人はよくそう言いますよね(Kさんは理解のある一般人)」
壁「その世界に入ると絶対勝てない人がいますからね」
M「壁くんは何かあるの?」
壁「いや、僕も広く浅くですよ」
言えん!「脱衣麻雀なら負けません」とか絶対言えん!
(脱衣麻雀もリアルタイム世代の人には勝てないしねー)

・サンデー27号
夏の新連載にもスポーツ漫画がないのがちと寂しい。
相変わらず「オニデレ」がすばらしい癒しを与えてくれますね。
さすがサンデーのラブコメ。

・sinさんが「らき☆すた」ラクガキに着手。
sinさんが人気のあるネタで描くと、なんだか
「やばい!sinさんが来た!逃げろ!!」
みたいな気分になります。
別に俺様ネタかぶってるわけでもないし、逃げるも何もないんですが。
しかし今回は出来が本気でやばいぞ…。

・博麗霊夢進捗
a0025830_2353762.jpg
徐々にサザビー化。
俺様の中では巫女とサザビーはイコールなのです。
だからサザビーを描けば巫女っぽくなるし巫女を描けばサザビーっぽくなるのです。
まだサザビー部分は仮で、重要なのは顔です。
相変わらず霊夢ではない気もしますが、可愛くはなったと思う。
[PR]
by kabehouse | 2008-06-09 23:13