クロノアイズで空想科学の心を燃やす

クロノアイズ全6巻+クロノアイズグランサー全3巻は、講談社マガジンZKCから発売されている長谷川裕一のSFマンガです。久々に手に取ったら一気に読み返してしまったので、ここで紹介します。

クロノアイズはSFの王道、タイムトラベルを扱ったマンガです。主人公は時空監視機構(タイムパトロールと呼ぶと怒られます)『クロノアイズ』の一員となり、巨大人型兵器『ペルセディア』を駆って、歴史を改変して未来を支配しようとする組織『ハデスサイズ』と戦います。正直、なんてベタベタな設定だろうかと思います。ところがどっこい、これがメチャクチャ面白い!まずはペルセディアが綺麗だわ格好良いわ可愛いわ。加えてエピソード一つ一つが王道をふまえつつも新鮮で、バージェスモンスターに恐竜人間(羽毛つき)にアポロ11号にアトランティス、とSFファンも納得のラインナップ。本筋となるタイムトラベルの理論と、それにまつわるドラマも、しっかり練り上げられていて読み応え十分。もちろん長谷川裕一といえば日本で三番目にスケベな漫画家ですから、サービスシーンも満載。これぞ空想科学の情熱、読まなきゃ損ってもんです。

かくして俺様ランキングSF漫画部門で不動の一位を確保したかに見えたクロノアイズでしたが、これをあっさりと抜き去るマンガが現れました。それがクロノアイズグランサー。たまげました。クロノアイズの続編です。つまり、タイムトラベルと『クロノアイズ』にまつわる謎はすでに解かれ、巨大な敵『ハデスサイズ』はもうありません。それでも断言できます、グランサーはクロノアイズより面白い。敵のロボット、ティアドロップなんか格好良すぎですよ。続編とは本編よりも面白くなりうる、いや面白くなければならないものなのだということをはっきりと示した希有な作品です。

SFとは何かを説明するのは非常に難しいことです。巨大ロボも、宇宙船も、タイムマシンもSFの要素ではありますが、それらを出しただけでSFを名乗ることはできません。でも、だからといってSFを楽しむことまで難しいものにすることはないと思います。現にクロノアイズ、そしてグランサーという作品があり、難しいことを言わずとも涙が出るほど面白くて、格好良くて、そして間違いなく空想科学なのですから。
[PR]
# by kabehouse | 2004-06-15 14:41 | 本棚

シークエンスパラディウム3 その1

早速やりましたよ、しーぱら3。このゲーム、当然のごとくマニュアルがついているのですが、その最後に「初心者のためのしーぱら3講座」なるものがついていました。俺様、ここで初めてこの略称に出会いました。疑問符が浮かびまくるんですが、まあマニュアルに書いてあるんだから従いましょう。俺様はいちおう経験者ですが、せっかくの講座なんで、これを読みながら進めていくことにしました。最初はマニュアル上でも画面上でも軽いノリの漫才が進んでいきますが、俺様はもちろんだまされません。いったん戦闘に入れば泣きたくなるに決まっているのです。そして出てくる、使いやすさよりもキャラを大きく見せることを重視した独特のインターフェース。育成してもあがらないパラメータ。しーぱらだ!間違いなくしーぱらの感覚だ!涙がちょちょぎれそうになるのを押さえながら、あの地獄のような戦闘に突入です。

いきなり移動が三種あるのが工画堂のゲームの良いところ。速くて危ない「戦闘移動」、視界が広い「哨戒移動」、攻撃を受けにくい「警戒移動」があるんですが、マニュアル上では敵を見つけた主人公がいきなり「戦闘移動」を始め、攻撃されてAP(あらゆる行動で消費するパラメータ)を削られ、そのターン行動不能に。味方は全員ついてこれず、敵のターンでボコられ、

『…生きてる。生きてるぞ。』

と言い出しました。さすが工画堂、まず最初に「気軽に動くと死ぬよ♪」と教えてくれているわけですな。「いくらなんでもそりゃねーだろ」と思った貴方は是非このゲームをやってみましょう。移動ミスって1ターンで死ぬなんて日常茶飯事です。とまあそんな調子でとりあえず最初のミッションが終わりました。

『MissionFailed…失敗か。(中略)しかも気がつけばディーが撃墜されている。』

笑うところのようで違います。初めてプレイする人は間違いなく失敗します。俺様もしました。そして高確率で撃墜されます。俺様もされました。

『演習一の編成時点をロードするぞ。』

全くもって正しい姿勢です。「納得するまでやり直してから先に進もうね♪」という重要事項を事前に押さえてくれているわけですな。いやさすが工画堂だ!

なんだかこの文章を見て買ってくれる人がいるのか心配になってきましたが、ここまで書いてきたことは全てこのゲームの「良いところ」です。使いやすさを無視したかのようなインターフェースも、自キャラの弱さも、成長の悪さも、軽いノリのブリーフィングから一転して恐ろしく硬派な戦闘も、全てがしーぱらの味なのです。書いててすごくもどかしいのですが、「やらなきゃわからん」と書いてしまうと負けだと思うので、なんとか伝えようとしてみました。ファンタジックな世界観と絶妙にマッチしたメカが、美少女が、シビアな戦闘から生まれる緊張感、というより恐怖、いや絶望が、あなたをデータロードへと駆り立てる!…いや本当に面白いんですってば。工画堂スタジオHPに行けば体験版も手に入りますし、他の工画堂のゲームもいっぱい紹介されてますから、一度は行ってみてください。
[PR]
# by kabehouse | 2004-06-12 10:17 | ゲーム

ラクガキ王国とシークエンスパラディウム3

最近買ったゲームが不発でストレスがたまっていたので、今日もまた家から最も近いゲーム屋であるソフマップへやって来ました。

ラクガキ王国がついに400円。

ラクガキ王国(正式名称「ガラクタ名作劇場 ラクガキ王国」)は、自分が描いた絵が3Dになって、動いて、戦う!という、夢のようなゲームです。当初「PS2のコントローラじゃたいしたものは描けないだろ」と思っていた俺様でしたが、結構思い通りの線が引けます。NICEMIDDLE'Sさんのところに良いラクガキたちがいっぱいあるので一度ご覧ください。400円はホントに信じられない安さですから、PS2持ってる人は今すぐ買ってください。いや、持ってない人もセットで買っちゃってください。9月には2が出るらしいので、今のうちにゼヒ。

で、今日は新作「桜坂消防隊」ってのの顔(パッケージ)を見に来たんですが、思いもよらず見つけてしまいましたよ「シークエンスパラディウム3」!シークエンスパラディウムと言えば、シミュレーションの巨頭工画堂スタジオのウサギさんチームが開発したファンタジック戦術級シミュレーションの名作!でも俺様2持ってないし・・・。

などと思う間もなく迷わずテレカ付きをレジに持っていく俺様。

ストレスって怖いですね。もはや「なんちゃら消防隊」なんて忘れてしまいましたよ。とにかく帰ったらさっそくやってみますよ!
[PR]
# by kabehouse | 2004-06-11 14:38 | ゲーム

「ユンソナ」を「コンソメ」と読んだF君

今週のサンデーは久々に読者投稿にやられてしまいました。何だか奇跡のような一行がそこにありました。今後サンデー読者は皆ユンソナを見るたびにコンソメを思い出してしまうのでしょう。

「雑誌の格は読者ページでわかる」というのが俺様の前々からの持論です。どんなジャンルの雑誌でも、読者ページを見ればどんな読者がいるのかがわかるわけですから、それを見て自分に合うものを選べば間違いはないのです。その論にそえば、週刊少年漫画雑誌で一番面白いのはサンデーだといえます(まあ、俺様に言わせればサンデーとサンデー超以外に少年漫画雑誌と呼べるものはないんですが)。実際、サンデーはギャグ漫画自体は苦手ですが、ストーリー漫画の各所に入るギャグは非常にレベルが高い。これは読者が細かいギャグにきっちり対応できるからです。その意味で、今週鈴木央(絵を見れば一発だと思いますが、ライジング・インパクトの人です)がサンデーに来たのは正解かも知れません。絵がさすがにアレなので人気が出るかどうかわかりませんが、人気が出るとしたらサンデーでしょう。良い機会なので、今週はギャグシーンについて語ることにします。

ギャグシーンには、二種類あります。一つは序盤の数コマとか新章突入前の一話とかを使うアイキャッチ型。もう一つはストーリーが進む裏、コマの片隅とかで展開される背景型。現在のサンデー連載陣で言えば、あだち充、藤田和日郎、雷句誠などがアイキャッチ型で、橋口たかし、松江名俊あたりが背景型になります(このように、作品によってではなく作家によって傾向が分かれるのです)。

アイキャッチ型は性質上ストーリーの進行を遅らせるため、引っ張りすぎると命取りになります。反面どのくらい引っ張るか、どうストーリーと切り替えるかのバリエーションが広く、アクセントとしての効果も大きくなります。「ガッシュ」や「からくり」がスタンダードな用法ですが、「KATSU!」などあだち充ワールドになるともはや名人芸で、切れ目のないギャグとシリアスの波が独特のテンポを作りあげます。今週のサンデーでいえば、せっかくの巻頭カラーをギャグ顔の犬に割いてしまう「結界師」の田辺イエロウはやはりあなどれません。

背景型は進行を阻害しないため入れやすいのですが、難点はやはり見落としやすいということです。今週のサンデーでいえば、「ケンイチ」レベル(ミカン鳥とか新島よけとか気持ち悪いとか)ならまだいいのですが、「こわしや我聞」レベル(「をほほほほ」とか「ちゃ」「ちゃ」とか)になると相当読み込まないとわかりません。「いでじゅう!」(キャメルクラッチ)なんかの専門知識(この場合キン肉マン知識)を要求されるものに対応するのは至難といえます。その最たるものはやはり「改蔵」で、全てのギャグに対応できる奴はいるのか?と心配になるほどです。余談ですが、改蔵の携帯の着信音「パラーラピポ」を見た瞬間悪魔君のオカリナが浮かんで、もう戻れません。真相はどうなんでしょうか。

かくのごとく奥が深いギャグの世界。今注目は「結界師」と「こわしや我聞」です。まだ単行本もそんなに出てなくて集めやすい(サンデーはそんなに連載引っ張らないはずだし)と思うので、興味がおありの方は是非購入ください。もしくは今週のサンデーを。
[PR]
# by kabehouse | 2004-06-10 11:02 | 少年サンデー

髪を切る=丸坊主

今日、髪を切りました。
ついでにブログを作りました。

俺様はいつか髪型を変えたいと思っているのですが、自分にどんな髪型が似合うのかはよくわからないものです。散髪屋の親父さんはたいてい「どうしますか」と聞きますが、どう答えたらよいのか悩んでしまうのです。一度「好きにしてください」とか「とにかく今と違う髪型にしてください」とか言ってみたいものです。が、マンガではそう言うとかならず丸坊主にされると相場が決まっているので怖くてできません。普通、散髪エピソードは床屋のおじさん(とか他の髪切る人)が困って、いろいろやってみて、その結果丸坊主になって、鏡にマジックで描くということになります。橋口たかしが昔「SCISSORS」というマンガで美容師を主人公にしていましたが、彼もワンレングスの修行で無残なヘッドを作っておりました。やはり髪を切ると丸坊主になる、というのは時代を超えて笑いが取れる伝家の宝刀なのでしょう。
「髪を切ると必ず丸坊主になる。」
[PR]
# by kabehouse | 2004-06-07 18:19